FC2ブログ
淫夢ネタ(主になんJ)のまとめ

ヘッドライン
コメント

  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 16:56:11

  • こマ?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:03:10

  • お前の更新を待ってたんだよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:06:02

  • アフィカスは死んでどうぞ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:26:11

  • (嫌儲民)冷えてるか~?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:26:15

  • ホモガキくっせぇなおい・・・


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:30:51

  • やったぜ。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:31:12

  • 阿久氏井戸レストランかな?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:44:56

  • くさそう


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:45:14

  • あら〜蓮さんお久しぶりじゃないっスか!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 17:48:48

  • こういうの元はホモビだということを知った上でやってるんですかね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 18:30:32

  • お前らwwwダイナモ荒しやめろwww
    まったくおもしろくないからねww
    ただただキモいだけだから
    せいちょうしねぇなガキ共がよぉ!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    アぁ?なんか文句ある?ネットでしか
    イきがれない顔面キモオタ共wwww
    スげぇきめぇよwww顔面wwww
    テンプレ語録でしか馴れ合えない
    ィんむ厨共も同じくらいキモいよ
    |つ言わせてもらうけど
    しらないからねww淫夢語録()とかww
    かす共が!内輪ネタを世界標準用語だと思い込んでるし
    なんなの?
    かすが糞がバカアホ糞
    っつーか
    ただの転載禁止でそこまで必死にならなくてもww
    けどまぁわからなくもないけどね 好きなコンテンツが
    どんどん勢いがなくなって最終的に
    いつの間にか無くなってる悲しみね
    いくら俺が淫夢厨がきらいでも
    かなしみだけは理解できるからさ・・・まぁその・・・
    ないてばっかじゃダメだ!元気出せよ!元気なのがお前らだろ???
    ????


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 18:38:06

  • やったぜ。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 18:43:00

  • 淫夢は廃れろ
    害にしかならん
    終われ
    このブログも終われ
    消えろ
    他人の痛みを楽しんでんじゃねぇよ屑どもが
    お前らは屑
    自覚しろ
    お前らは屑
    人間のクズ
    人を中傷して中傷ネタで馴れ合うクズ
    なにがひでしねだテメーがしねよ
    関係ない動画に数の暴力で押し寄せてんじゃねぇよ、それでなんで淫夢許容するのが前提のコメント欄と化してんだよ
    多ければ荒らしも許されるとでも??
    テメーらの行為は荒らしだ自覚しろカスども
    ネタにしてるだけ、ホモを馬鹿にしてない、ブサイクを馬鹿にしてないというなら中傷をやめろ、恨みもないのにしねとか簡単に口にすんじゃねぇよクズどもが
    一度お前らがネタにしてる人たちの気持ちを想像すればそんなこと言っちゃいけないんだとすぐにわかるだろうに
    お前らそれで本当に人かよ
    お前らの良心はどこいったよ
    一度よく考えてみろお前らがこれまでやってきた行いを!

    淫夢は終われ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 18:54:59

  • (更新再開を)やるのか、やらねぇのかハッキリしてくれよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:00:51

  • ありがとナス!太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文[斜体]斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文[斜体]斜体の文[/斜体[斜体]斜体の文][斜体]斜体の文[斜体]斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文[斜体]斜体の文太字の文太字の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文[斜体]斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:01:59

  • ありがとナァス


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:03:40

  • 次回更新6月中旬!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:26:49

  • お前の更新を待ってたんだよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:31:29

  • たまたま思い出して見てみたらちょうど更新してて草生えた


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:39:01

  • もっと更新つかってホラホラ~


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:45:43

  • お前のことを待ってたんだよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 19:48:13

  • 買わなきゃ・・・(衝動)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 22:36:13

  • 糞尿かな?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 23:19:24

  • この辺にィ、うまいラーメン屋の屋台あるらしいんすよ(自演)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 23:22:09

  • 特定兄貴あくしろよ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 23:28:19

  • ホモビに出ただけでレストランの広告になる男


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/12(月) 23:56:04

  • これは夢なのか、現実なのか・・・


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 00:05:14

  • 一ヶ月以上放置されてるぞ、更新して差し上げろ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 01:07:17

  • 次も更新あくしろよ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 01:39:29

  • おっ!(コメ欄)開いてんじゃ〜ん!
    この料理は例のブッチッパッですかね…


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 01:43:48

  • 汚い飯屋だなぁ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 03:16:38

  • 更新を待ってたんだよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 03:47:10

  • たまたま見に来たら更新されてて草


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 04:18:21

  • もうお終いだぁ(レ)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 05:08:15

  • おっ空いてんじゃーん


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 06:52:13

  • お前のブログが好きだったんだよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 08:02:07

  • えっ、なにこれは…


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 08:08:56

  • アフィカス~


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 08:31:21

  • 飲食店で淫夢ってマイナスなイメージにしかならないと思うんですがそれは・・・


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 08:37:42

  • 我集院と徳川様を招待して差し上げろ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 08:43:59

  • 行かなきゃ・・・(使命感)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 11:04:58

  • お冷飲んだら眠くなりそう


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 14:05:24

  • さぁ、料理人解体ショーの始まりや


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 14:20:04

  • 今後もこういう更新の仕方していくのか


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 14:25:48

  • いえーいアンチ見てるぅ?
    お前らがいくら暴れてもキチンと月一更新されてこうしてコメントが付く以上
    かしこま速報は終わらないコンテンツと化したってハッキリわかんだね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 15:07:01

  • 来月はどんなのが出るのか楽しみなんじゃ~


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 16:52:28

  • MTNK頑張れよ(小声)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 16:55:55

  • 更新→かしこまり信者→見に来る→アフィうまうま
    更新→かしこまりアンチ→アンチレスしに来る→アフィうまうま


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 17:22:55

  • ブログ1月放置すると、邪魔な広告表示される&コメント欄凍結されて人が減るから適当に更新しただけだって、ハッキリ分かんだね。

    更新止まっても毎日5万アクセス位あるから、ギリギリまでアドセンスで儲けるつもりで、多分これからも月一回だけクッソ適当な記事更新があると思うんですけど(名推理)

    そうとは知らず、更新復活とぬか喜びしてる、かしこまり速報民がかわいそう。
    管理人の屑がこの野郎…(憤怒)

    ブログを金儲けの道具としつつも、毎日4記事前後も更新してホモを楽しませてくれた、以前のかしこまり速報大好き。
    管理人の金儲けの為だけの道具と化した、今のかしこまり速報大嫌い。
    以前の管理人の事が好きだったんだよ!(過去形)


    これの通りになりましたね…
    次もコメント欄が凍結、放置広告が表示されだす6月中旬更新かな?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 18:07:14

  • お前の更新を待ってたんだよ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 19:17:53

  • 鎖骨の位置がおかしい(小波漢)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 19:39:41

  • お前の更新を待ってたんだよ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 19:47:06

  • 毎日更新して


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 19:49:27

  • ※45
    こんな状態のかしこまり速報を望んでいましたか?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 19:57:18

  • ホモビに出ただけで店の看板にされる男


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 20:42:08

  • 営業停止不可避


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 22:34:27

  • 自作オッツオッツ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 23:22:43

  • (毎日のように更新していたあの頃に)もどして


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/13(火) 23:40:28

  • この状態でも十分稼げるのに何で頻繁に更新する必要なんかあるんですか?(正論)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 00:05:01

  • 草生やすな


  • :名無しさん 2014/05/14(水) 01:27:21

  • 嫌儲民暴れんな...暴れんなよ...


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 01:55:26

  • 安定期に入ってて草。荒らしホモはよ荒らしまくって人減らしてくれよな~頼むよ~


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 05:42:13

  • 食中毒不可避、異物混入不可避。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 06:06:00

  • お前らwwwダイナモ荒しやめろwww
    まったくおもしろくないからねww
    ただただキモいだけだから
    せいちょうしねぇなガキ共がよぉ!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    アぁ?なんか文句ある?ネットでしか
    イきがれない顔面キモオタ共wwww
    スげぇきめぇよwww顔面wwww
    テンプレ語録でしか馴れ合えない
    ィんむ厨共も同じくらいキモいよ
    |つ言わせてもらうけど
    しらないからねww淫夢語録()とかww
    かす共が!内輪ネタを世界標準用語だと思い込んでるし
    なんなの?
    かすが糞がバカアホ糞
    っつーか
    ただの転載禁止でそこまで必死にならなくてもww
    けどまぁわからなくもないけどね 好きなコンテンツが
    どんどん勢いがなくなって最終的に
    いつの間にか無くなってる悲しみね
    いくら俺が淫夢厨がきらいでも
    かなしみだけは理解できるからさ・・・まぁその・・・
    ないてばっかじゃダメだ!元気出せよ!元気なのがお前らだろ???
    ????


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 06:06:38

  • v-110


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 08:52:58

  • フゥゥーッ↑↑
    更新気持ちE〜


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 10:00:24

  • 便乗レストラン先輩きらい


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 10:51:51

  • ※64
    その内輪ネタをわざわざまとめブログにまで出てきて叩く意味って何なの?
    流れ無視して長文書き込んでる時点であなたが叩いてる荒らしとなんら変わらないってことに気づけよ(-_-)
    ちなみに自分も淫夢はあまり興味ないが、あまりにも目に余る書き込みだったのでつい(-_-)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 11:32:14

  • ブログ1月放置すると、邪魔な広告表示される&コメント欄凍結されて人が減るから適当に更新しただけだって、ハッキリ分かんだね。

    更新止まっても毎日5万アクセス位あるから、ギリギリまでアドセンスで儲けるつもりで、多分これからも月一回だけクッソ適当な記事更新があると思うんですけど(名推理)

    そうとは知らず、更新復活とぬか喜びしてる、かしこまり速報民がかわいそう。
    管理人の屑がこの野郎…(憤怒)

    ブログを金儲けの道具としつつも、毎日4記事前後も更新してホモを楽しませてくれた、以前のかしこまり速報大好き。
    管理人の金儲けの為だけの道具と化した、今のかしこまり速報大嫌い。
    以前の管理人の事が好きだったんだよ!(過去形)


    案の上、↑の通りになりましたね…
    次もコメント欄が凍結、放置広告が表示されだす6月中旬更新ですね…
    やっぱ(金)好きなんすねぇ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 11:33:05

  • くっせえなお前
    帰って、どうぞ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 14:10:17

  • ※64
    縦読み兄貴見てるかー!?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 16:33:52

  • 良いぞ~はMURが言いそうなんですが


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 17:07:52

  • 久々の更新いいゾ~これ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 17:47:58

  • 批判意見は全部嫌儲なのか・・・(困惑)
    儲ける儲けない以前に月1でこんなクッソつまらん記事しか投稿しないかしこまり速報に何の良さがあるんですか(憤怒)
    この現状を見ないフリして必死に擁護する様が哀れ過ぎるんだよなぁ・・・


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 18:15:22

  • やっぱ淫夢厨はクズしかいないんすね~
    こんなゴミに群がってる奴らは悔い改めて


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 18:23:21

  • こマ?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 19:02:40

  • 無知ホモに教えて欲しいんだけどどこで成果になって管理人のお金になる?来たらもうアウト?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 19:06:04

  • やめろぉ!ナイスぅ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 19:08:09

  • 次も更新してくれよな~頼むよ~(ネットリ)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 20:29:17

  • KMRも結構…絵上手いじゃねぇか


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/14(水) 23:54:22

  • いきたい(小並感)


  • :名無しさん@ニュース2ちゃん 2014/05/15(木) 00:01:33

  • ※68
    あら(-_-)さんいらっしゃい!ご無沙汰じゃないですか!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 09:54:58

  • レストランでこんな汚い広告出さなくていいから・・・(良心)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 10:03:10

  • 気持ち悪っ
    さっさと廃れろクソコンテンツ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 10:04:48

  • 中野君の店を晒すのは辞めて差し上げろ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 10:20:02

  • これマジ?更新頻度に比べて内容つまらなすぎだろ…


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 11:41:06

  • この辺にぃ美味いレストランあるみたいですよ(ステマ)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 12:48:40

  • さあこのレストランを特定する作業に戻るんだ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 13:08:48

  • これマジ?このレベルの内容にしてはコメ付き過ぎたろ
    管理人の人徳のお陰ってハッキリわかんだね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 14:33:44

  • 悶絶少年専属名無しさん
    No title
    ありがとナス!太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文斜体の文斜体の文斜体の文斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文斜体の文斜体の文斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文斜体の文[/斜体斜体の文]斜体の文斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文斜体の文太字の文太字の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文[斜体]斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文[斜体]斜体の文[/斜体[斜体]斜体の文][斜体]斜体の文[斜体]斜体の文下線の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字太字の文打ち消しの文下線の文[斜体]斜体の文太字の文太字の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文打ち消しの文色付きの文字打ち消しの文下線の文[斜体]斜体の文打ち消しの文色付きの文字太字の文下線の文下線の文下線の文下線の文下線の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文[斜体]斜体の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文太字の文


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 16:00:43

  •  えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ
     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ―――


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 16:09:49

  • ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 16:11:50

  • ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 16:15:46

  • ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感


  • :  2014/05/15(木) 19:17:43

  • ライブかな?(すっとぼけ)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 20:50:48

  • イクぞ~!!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 23:03:49

  • オエェ!!(嘔吐)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/15(木) 23:59:51

  • 客に汚物を見せて食欲をなくさせるレストランの屑


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 00:54:32

  • きたねー店だ(VGT)


  • :名無しさん@ニュース2ちゃん 2014/05/16(金) 03:15:45

  • たまげたなぁ。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 05:33:31

  • O-114514不可避


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 12:56:20

  • ブログ1月放置すると、邪魔な広告表示される&コメント欄凍結されて人が減るから適当に更新しただけだって、ハッキリ分かんだね。

    更新止まっても毎日5万アクセス位あるから、ギリギリまでアドセンスで儲けるつもりで、多分これからも月一回だけクッソ適当な記事更新があると思うんですけど(名推理)


    名推理兄貴のコメント見とけよ見とけよ~
    絶対この通りになるゾ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 13:28:14

  • 四条貴音 くさそう


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 13:53:31

  • ■メニュー
    アイスティー      114円
    ピザ(かじりかけ)    514円
    寿司(いなりが少ない)  810円
    チリチリに縮んだ焼き肉 893円


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 16:56:18

  • ポルターガイストくん


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 17:08:22

  • ご無沙汰じゃないすか!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 20:09:32

  • くさそう


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 20:59:53

  • もっと更新しちくり〜(哀願)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 21:29:57

  • ダメみたいですね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 22:50:48

  • 行かなきゃ・・・(使命感)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 23:16:51

  • あえて自分から草を生やしていく管理人兄貴は人間の鏡


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/16(金) 23:48:25

  • 頻繁に更新しない、かつコメントが荒らされてるんじゃ見る意味ないんだよなあ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 01:07:43

  • 管理人の自作自演だってはっきりわかんだね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 03:41:01

  • コレステロールタクヤさんに似てる


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 05:05:41

  • もっと更新増やしてくれよなーたのむよー


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 05:43:50

  • こんな更新でなんでこれだけのコメが付いてるんですかねぇ・・・
    荒らしやこのサイト廃れさせたい奴らは真逆やってるって事にさっさと気付いて。どうぞ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 12:15:41

  • おっ更新来てんじゃ~ん!


  • :名無しさん 2014/05/17(土) 13:18:57

  • ブログ1月放置すると、邪魔な広告表示される &コメント欄凍結されて人が減るから適当に更 新しただけだって、ハッキリ分かんだね。

    更新止まっても毎日5万アクセス位あるから、 ギリギリまでアドセンスで儲けるつもりで、多 分これからも月一回だけクッソ適当な記事更新 があると思うんですけど(名推理)

    そうとは知らず、更新復活とぬか喜びしてる、 かしこまり速報民がかわいそう。 管理人の屑がこの野郎…(憤怒)

    ブログを金儲けの道具としつつも、毎日4記事 前後も更新してホモを楽しませてくれた、以前 のかしこまり速報大好き。 管理人の金儲けの為だけの道具と化した、今の かしこまり速報大嫌い。 以前の管理人の事が好きだったんだよ!(過去 形)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 13:42:24

  • なんjはもうまとめていいんですがそれは・・・


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 14:43:51

  • ※119
    どういうこと?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 17:17:31

  • たまげたなぁ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 18:38:54

  • ふー…んっ…!…ハァハァ…普通の人はこういうのを見て(ピチャ…面白い ペロペロ…) って感情になるのか…ぁ…んっ…。自分にはちょっとわからないかな…ぁ…んっ…。
    まぁ変人なのは自負してぇ…もっと強くしてぇ…が…ぁ…んっ…。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 18:41:41

  • ブログ1月放置すると…ハァハァ…邪魔な広告表示される &コメント欄凍結されて人が減るから適当に更 新しただけだって…ハァハァ…ハッキリ分か…んっ…!だね…ぁ…んっ…。

    更新止まっても毎日5万アクセス位あるから…ハァハァ… ギリギリまでアドセンスで儲けるつもりで…ハァハァ…多 分これからも月一回だけクッソ適当な記事更新 があるとお…、思…う…うぅんっ!…んっ…!…ああん!けど(名推理)

    そうとは知らず…ハァハァ…更新復活とぬか喜びしてる…ハァハァ… かしこまり速報民がかわいそう…ぁ…んっ…。 管理人の屑がこの野郎…(憤怒)

    ブログを金儲けの道具としつつも…ハァハァ…毎日4記事 前後も更新してホモを楽しませてくれた…ハァハァ…以前 のかしこまり速報大好き…ぁ…んっ…。 管理人の金儲けの為だけの道具と化した…ハァハァ…今の かしこまり速報大嫌い…ぁ…んっ…。 以前の管理人の事が好きだった…んっ…!だよ!(過去 形)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 18:45:32

  • お前ら(クチュ…)wダイナモ荒しやめろ(クチュ…)w
    まったくおもしろくないからね(クチュ…)
    ただただキモいだけだから
    せいちょうしねぇなガキ共がよぉ!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    アぁ?な…んっ…!か文句ある?ネットでしか
    イきがれない顔面キモオタ共(クチュ…)(クチュ…)
    スげぇきめぇよ(クチュ…)w顔面(クチュ…)(クチュ…)
    テンプレ語録でしか馴れ合えない
    ィ…んっ…!む厨共も同じくらいキモいよ
    |つ言わせてもらうけど
    しらないからね(クチュ…)淫夢語録()とか(クチュ…)
    かす共が!内輪ネタを世界標準用語だと思い込…んっ…!でるし
    な…んっ…!なの?
    かすが糞がバカアホ糞
    っつーか
    ただの転載禁止でそこまで必死にならなくても(クチュ…)
    けどまぁわからなくもないけどね 好きなコンテンツが
    ど…んっ…!ど…んっ…!勢いがなくなって最終的に
    いつの間にか無くなってる悲しみね
    イ、イクッ!ら俺が淫夢厨がきらいで…も、もっとぉ…
    かなしみだけは理解でき…ル…よね、そう奥まで…からさ・・・まぁその・・・
    ないてばっかじゃダメだ!元気出せよ!元気なのがお前らだろ<Gッチ<Gッチ<Gッチ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 18:53:37

  • http://hikikomorizakki.blog.fc2.com/



  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 19:15:08

  • ※125
    これかしこまり速報の管理人なのか?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 19:17:39

  • ブログ壱アルテミスの紋章刻の彼方へと封印すると、“干渉”な虚構の閲覧顕現される &預言書の記述欄コキュートスされて人が減るから適当に更 ノヴァした…その命の数だけだって、ハッキリ分かんだね。

    更新クリスタルと化しても時の歯車が廻る度5萬センシティブ・ネット・ダイブ位ある、全てはクリスタルの力を求むるがため、 ギリギリ=シュヴァルツイェーガー――死の果てまでアドセンスで儲ける心算で、衆 分これ(別名:アダム)、全てはクリスタルの力を求むるがためもルナ=全ての始まり=廻だけクッソ適当の妙を内蔵せし空間な記事更新 が在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………と幻想(おも)うんですけど(名確定論理構成力)

    …………という信託が在るとは不可視世界の混沌に飲み込まれず、リユニオンフッカツとぬか喜びしてる、 かしこまり情報屋民がかわい――そう、。 クァン・リニンの屑がこの戦士アバドン…(憤怒)

    闇の炎に抱かれて消えしブログを金儲けのアステリア皇国魔導兵長ドウグとし、“神”の力の前に絶望しつつも、伝説とさえ謳われた毎日ジュデッカ記事・ザ・ダークファントム 前後も更新してホモを楽しませてくれ給えた、かつて のかしこまり情報屋魂を支配されているも同然。 コンポーザーの金儲けの…そして、世界に闇をもたらさんがためだけのクリスタルツールズと化した、今の ふん、…ついてこい情報屋大嫌い。 以前の管理人の事が際限なき慈愛だったんだよ・・・・・!――過去 形骸――
    これは、真実に基づいた幻想――


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 19:28:13

  • 過疎ブログ管理人嫉妬やめちくり~(挑発)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/17(土) 21:08:14

  • ※126
    そうです
    なので応援コメントを送りましょう


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 00:01:04

  • ※129

    「なので」は形容動詞の連体形「〜な」
    もしくは助動詞「だ」の連体形「な」と
    助詞「ので」がくっついて「なので」となったものだから
    独立して接続詞として用いるのはよくない。
    「だから」 「ゆえに」などを用いるのが自然。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 00:08:57

  • ※1~893810114514

    たくやゎ 揉め事ゎ嫌いだけど 揉む事ゎ好き みんな 愛し合って生きようね

    ※その一部

    金金言うんじゃねぇよガキのくせにオォン!?

    淫夢営業晒しは荒れる元になるから・・・やめようね!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 00:55:20

  • (ピチャ…なので ペロペロ…)は形容動詞の連体形(ピチャ…~な ペロペロ…)
    もしくは助動詞(ピチャ…だ ペロペロ…)の連体形(ピチャ…な ペロペロ…)と
    助詞(ピチャ…ので ペロペロ…)がくっ…突いて、もっと奥まで突いて!(ピチャ…なので ペロペロ…)となったものだから
    独立して接続詞として用いるのはよくない…ぁ…んっ…。
    (ピチャ…だから」 (ピチャ…ゆえに ペロペロ…)などを用いるのが自然…ぁ…んっ…。


  • :ドナルド・キーン 2014/05/18(日) 04:02:58

  • ブログハンバーガー4個分放置すると、邪魔な広告がハンバーガー4個分表示される &コメント欄洗脳されて信者が減るから適当に更新しただけってこと、知ってるよ。驚いた?

    更新止まっても毎日アクセスハンバーガー4個分位あるから、 ギリギリまでマックでも~りもり儲けるつもりで、多分これからもハンバーガー4個分だけ便器いっぱい☆な布教活動 があるとつい思っちゃったんだ☆

    そうとは知らず、更新復活とぬか喜びしてる、 ドナルドが元気いっぱい☆ 管理人、表へ出ろ

    ポテトを男子のホモ茶としつつも、毎日ハンバーガー4個分記事 前後も更新してドナルドを楽しませてくれた、以前 のかしこまり速報だ~い好きなんだ。 管理人の男子の為だけの道ホモ茶と化した、今の かしこまり速報大嫌いなんだ。 ドナルドは以前の管理人の事大好きだよ☆♡


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 07:56:58

  • こいつたまに更新してんな


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 11:23:58

  • Co↑Co↓○番屋かな?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 14:57:41

  • ご無沙汰じゃないっすか!
    これからも更新、お待ちしてナス!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 17:00:28

  • 雨の日は、憂鬱な日だった
    リョーマと付き合うようになってからは
    てるてるぼうずを逆にして
    毎日でも雨が降ってほしいっと願うようになった。

    だって、リョーマの部活が、雨だと休みになるからv
    (毎回じゃないけどねぇ・・・)






     ―――――――――――――
        誕生日の覚悟
     ―――――――――――――







    雨が傘へ落ちるたびに奏でる音。
    雨の音が、こんなにも愛おしい音だったなんて今まで知らなかった。
    リョーマと一緒だと、こんな些細なことですら、素敵に思えちゃう。



    「∑っえ!!」
    「肩濡れてる。」


    リョーマの手が、私の肩に触れて
    引き寄せられて、余計にリョーマとの距離が近くなってるっていうか
    抱きしめられてる感じだよ!!
    恥ずかしい////


    「しょ、しょうがないだろ、傘小さいんだから!!」
    「そ、そうだけど。なんか・・・嬉しいような、恥ずかしいような////」
    「(か、かわいい・・・)お、俺だって、あゆなとこんなに近くなのは恥ずかしいけど
     俺は、もっとあゆなに触れたいっと思ってるけど?」
    「え・・・////それって、そのぉ。」
    「ふん。あゆな、今エッチなこと考えたんじゃない?」
    「ち、違うよ!!そんなこと////」
    「まぁ~間違っては居ないけどねぇ。」
    「∑えっえぇえ!!!!!ちょ、ちょっとそれって!!」
    「俺の誕生日は、あゆなを帰すつもりないから、そのつもりで。」
    「そ、そんなぁ・・・////」
    「だから、覚悟決めてきてよね。」


    うぅ・・・
    か、覚悟って!!どうしよう!!
    でも、そうだよね。
    リョーマと付き合い始めて半年。
    ここまで、何もないのが不思議なくらいだもんね。
    リョーマは、帰国子女だから、きっと・・・経験済みだろうし
    高校生ってかなり・・・ね?


    「なに、ニヤニヤしてるわけ?」
    「∑っあ、なんでもないよ!!」
    「とにかく、イブは覚悟してように。」
    「・・・・はい////」


    だよね。それまでに覚悟決めないと!!






    ―――・・・・・




    《24日Xmasイブ当日》




    ピンポン!!


    「はい。」
    「∑っあ、大河内あゆなです。」
    「入って。」
    「は、はい!!」


    ここまできたら、なるようになれーだよね?
    大好きなリョーマなら、大好きなリョーマだからこそ
    あゆなの全部を知ってほしいし
    リョーマの事もっともっと・・・知りたいから!!


    リョーマの部屋へ案内されて
    誕生日のリョーマの為に作ったケーキを机の上に置く。
    ベットの上にでも座ってっと言われたけど
    なんか、やる気満々って感じに見られちゃうのが嫌だから
    ベットに寄りかかるように座った。
    リョーマは、ジュースを持ってテーブルの上に二つ並べて
    あゆなのとなりに座った。

    凄く緊張してて、何を話して良いのか分からない。
    きっとリョーマも同じだったんだと思う。
    二人とも、目を合わせずに、時間だけが進んでいく。

    誕生日なんだから、おめでとうくらいは言わないとだよね。
    でも、緊張しすぎていえないよ!!
    どうしよう!!

    リョーマがあゆなの鞄に目線を流す。
    大きな鞄、その中には、お泊りグッツっていうか・・・その・・・


    「あゆな。」
    「・・・た、誕生日お、おめでとう!!」


    頭の中で何度も練習した言葉を口にしたら
    なんだか、気がラクになってしまって
    言ったと同時に、リョーマにキスをしちゃった!!

    リョーマが、固まったまま、あゆなのキスを受け入れて
    でも・・・リョーマの手が、そっと包んでくれて////


    「結構、積極的だったんだね。」
    「そ、そんなこと////」
    「分かってる。でも、今日はあゆなを帰す気はないから。」
    「・・・うん////」


    抱かれたまま、耳元で話されて
    もう、どうしたらいいかわからないけど
    リョーマにゆだねるしかないよね?


    「着てくれたって事は、覚悟決めてきてくれたって事っと思って良いんだよね?」
    「う、うん////」
    「そ、そっか////」


    リョーマの顔を赤い?
    でも、そんなの気にしてられないくらい、自分の顔がほてって熱くて!!
    リョーマが、お姫様抱っこをしてくれて
    ベットの上にそっと置いてくれる。

    リョーマの匂いがするベット。
    大好きな人に包まれている気分。
    それが、本当に!!

    あゆなの上にリョーマが覆い被さる。
    リョーマが髪の毛をなでてくれて「愛してる。」っと微笑みながら言ってくれて
    私も、リョーマの顔を見ながら、同じ言葉を伝えると
    ギュッと抱きしめてくれた。
    リョーマの体温が伝わってきて、愛されてるって気持ちになれた。
    唇からも体温が伝わって、更に愛が深まっていく


    「嫌だったら、ちゃんと言ってよ。」
    「嫌なんかじゃないよ?リョーマの事もっと知りたいし、愛されたいから////」
    「分かった。いっぱいいっぱい愛するから。痛かったら言ってね。」
    「うん////」


    いつも以上に優しいから、くすぐったい感じ。
    器用に、服を脱がされていく。
    「私ばっかり恥ずかしい」っと言ったら、リョーマだけ先に裸に!!
    男の人の裸なんて、見慣れてないから、目線をはずす。


    「ちゃんと、俺の事見て。」
    「∑っえ・・・でも・・・。」
    「俺に抱かれてるって、ちゃんとあゆなの目に焼き付けて置いてくれないと。」
    「そ、そんな////」
    「大切なあゆなの初体験の思い出を、良い思い出にしてほしいからさ。」
    「・・・でも。」


    それでも、リョーマの方を向かないあゆな。
    リョーマの手が、私の両方の頬に添えられて・・・グイ!!


    「ちゃんと、俺を見て!!」
    「・・・・・/////」


    目の前に、リョーマの裸が////
    もう、ダメ!!!!
    私は、目をつぶった。


    「目を開けて、お願いだから。」
    「そんなこと言われても、ダメ。」
    「じゃ、今日はやめておく?」
    「・・・・∑っえ!!」


    リョーマの意外な言葉に、戸惑う。


    「そ、それは、嫌。」


    考えるよりも先に、自分の口が答えを出していた。


    「ごめん。俺の我がままか。いいよ、目をつぶってて。
     でも、嫌なことは、ちゃんと言ってよね?」
    「うん。ちゃんと言うから!!」
    「本当に俺で、大丈夫?」


    不安そうな顔で、覗き込むリョーマ。
    言葉では、言えそうになかったから、うなずいた。

    裸の二人。
    リョーマの両手が胸に触れる。
    触れた瞬間に、あゆながビクンっと震えるように動いた!!
    全体を包むようにあゆなの胸を包んでいたのが
    ゆっくりと手が動き出す。
    指の一本一本が不規則な動きをして、ちょっとくすぐったいような感じがして
    でも、それが先の主張しているものに、リョーマがつまむように触れたら
    「っあ!!」っと思わず声が勝手に出ちゃって
    あゆなは、無意識に出てしまった声が恥ずかしくて、顔を真っ赤にしながら両手で口を押さえた。


    「ねぇ。あゆなの感じてる声もっと聞かせて。」
    「そんなこと言われても////」
    「大丈夫だから。」


    リョーマは、あゆなの目をじっと見つめ
    あゆなは、リョーマの目線に耐えられず、うなずいた。
    続けて、あゆなの胸の先を丹念に愛撫し続けていたと思っていたら
    リョーマの顔が胸へと近づいて行き


    チュッ・・・


    リョーマはわざと吸い付く音を立てて
    あゆなの胸の先を唇と舌で転がしながら、堪能する。


    「っんぅ・・っはぁ・・」


    自分でも、ビックリするような色っぽい声が口から出て
    でも、リョーマのする事に対して、勝手に声が出ちゃう。
    リョーマの舌の動きが少し速くなってきて、更に声が漏れる


    「っあ!!・・・やぁ!!」
    「あゆなのかわいい声、チュ・・・もっと聞かせて。」
    「っはぁん、息がかかって、っん////」
    「ふぅー。俺の息だけでも感じるの?」
    「うぅーん////」
    「へぇ~そうなんだ(っクス)」


    意地悪く、リョーマが息をかけたり、吸い付いたり・・・
    もう、頭の中が真っ白になってきちゃったよ!!
    リョーマの行動に、いちいち反応しちゃう////

    焦らずに、丹念にリョーマが愛撫し続けてたおかげで?


    「あゆなのここ凄いことになってるよ?」
    「∑っ/////」


    リョーマが、私の下の下着の上を指でなぞってる!!!!
    そ、そんなところ


    「き、汚いから!!」
    「そんなこと、ないから!!」


    リョーマがそういうと、下着を取り除いて
    太ももを両手で持ち、割り入ろうとしてきた。
    私は、反射的に脚に力を入れて、閉じようとしたが
    男の子の力には負けてしまって、簡単にリョーマを脚と脚の間に入れてしまった。
    リョーマの指が、膝から腿を伝って、下へと進んでいく。
    思わず、私はギュッと目をつぶった。


    「っ!!!!!」
    「まだ、触ってないのに、あゆなの中から愛液があふれてきてるよ?」
    「そ、そんなこと//// 言わないで/////」


    さっきよりも、目をつぶって居ると
    リョーマの手が、そっとあゆなの濡れたソコに優しく触れた。


    「っひゃっあ!!」
    「ほら、凄い!!でも・・・中はきつい。慣らさないとだね。」

    グチュ・・グィ・・・

    「っあぁ!! ∑っん!!!!!」


    リョーマの手があゆなの中に入ってきて
    違和感?そんな感じがする。
    リョーマの長い中指が、あゆなの中を器用にかき回す!!


    クチュ・・・グゥッチュ・・・

    リョーマの部屋の中に、あゆなの濡れた水の音が響き
    奥からどんどんエッチな液体があふれてきて、ベットのシーツを汚していった。
    それを見たリョーマが、「もう一本増やすけど、痛かったら言って。」
    っと言って、クチュっと音と共に、ちょっと痛みが襲ってきた。
    リョーマが、きっと顔を見てるから、痛そうな顔はしないように
    歯を食いしばって我慢した。

    リョーマの二本の指がバラバラに動いて
    中をすこしづづ広げていく。


    「大丈夫そうだね。」
    「っん・・ぅん。」


    リョーマが私の方を見て、笑ってくれたっと思ったら・・・
    その顔が、下を向いて
    あゆなの一番感じるところへと口をつけた。


    「∑っ!!!!!き、きたな、い・・・よぉ!!!」
    「クチュ・・ん、な・・・こと。(そんなこと)」
    「っはぁっっひゃっあぁぁ!!!」


    叫ぶような声を上げて、リョーマの舌の動きを感じる。
    なんか、熱いよ!!
    もう、リョーマの動きしか追えない。
    冷静に考えるなんて事出来ないし、痛いとかじゃなくて
    ・・・・私感じちゃってるってこと??

    リョーマの舌と唇が、吸い上げたり、歯で軽く噛んだり、はじいたり
    もう、何をされても、背中をそらして、感じるだけしか出来ない!!
    声が、もう我慢できないくらい!!


    「あゆな、もう・・・・俺の入れてもいい?」
    「一緒に、な・・・りたい////」
    「ちょっと辛くしちゃうかもだけど、頑張ってくれる?」
    「うん////」


    リョーマは、あゆなに軽く触れるようなキスをして
    「あゆなだけを愛してるから。」っと目を見て言ってくれてから
    天を向いて、反り上がっている自分自身を、あゆなの入り口にこすり付けて


    「いくよ。」


    グゥ・・・・
       ギィチ・・・ギチィ・・・・

    鈍い音が体の中を伝わって聞こえてくる。


    「∑っつ!!!!」
    「ごめん!!もう少し我慢して。」


    ギチィ・・・・グギチュ・・・・


    今までに感じたことの無い、鈍い痛みが襲ってくる。
    でも、リョーマと一つになりたいから!!


    ゆっくり、深く腰を沈めて行き・・・・


    「っん・・・・・!!」
    「はぁ。これで、全部入った。あゆな大丈夫?」
    「・・・うん。これで、リョーマと一つになれたんだよね?」
    「あぁ。痛いの我慢してくれてありがとう。」
    「そ、そんなことより、今までよりも、リョーマの近くにいけた気がして嬉しい。」
    「俺も、あゆなが俺のものだって・・・。」
    「リョーマ、大好きv」
    「俺も・・・好き////」


    リョーマと繋がったまま、抱きしめられて
    痛いけど、それよりも嬉しさの方が上回って、涙が出てきちゃった。


    「そ、そんなに痛い?」
    「違うよ?嬉しいの。」
    「一回目からそんなんじゃ、これから持たないよ?」
    「∑っえ!!そ、そうなの??」
    「だって、入れて終わりじゃないし・・・グチュ・・・」


    リョーマが腰を浮かして、自分自身を少し引き抜いて
    そして、また奥へと突き上げる。
    ゆっくり・・・


    「っへぇっあぁ!!」
    「少し、動くから我慢して。」
    「っあっはぁっちょ・・・っ!!」


    リョーマは、ゆっくり腰を動かしては、あゆなの中を堪能していた。
    あゆなの顔をみて、少し痛みが抜けたっと感じて
    動きを速める。

    パッン・・・パッン・・・・

    体と体がぶつかり合う音と、あゆなの感じている声が部屋の中に響き渡り


    「ごめん。もう・・・イク!!」
    「っひゃっ・・・あぁあ!!!!」


    リョーマが奥深く突き上げて、一気に抜き取り
    あゆなのお腹に精液をぶちまけた。





    リョーマとあゆなが顔を見合わせて
    テレ笑いをして、お互い軽い触れるだけのキスをした。


    あゆなが、お腹に付いた精液を、ティッシュでふき取っている。
    その行動を見て、リョーマが申し訳ないっと言った感じの顔をして、ベットに座っている。


    「凄い量・・だね。」
    「じゃ、あまり間を空けずにやらせてくれたら、減るけど?」
    「・・・そうだね////」


    あゆなの横にリョーマが来て


    「じゃ、今日誕生日だから、もう一回やらせてくれる?」
    「・・・それは、無理!!」
    「だよね(笑)」
    「(笑)」


    二人で笑い合って、過ごせるクリスマスと誕生日
    本当に幸せいっぱいで、持ってきた誕生日ケーキの存在を二人をも忘れていて
    気がついたときには、生クリームが溶けちゃってました。

    愛のあるエッチがこんなに素敵なもので
    エッチをすることで、こんなにもリョーマに愛されてる事が分かって
    して良かった!!って今なら思えるけど
    まだまだ、あの痛みには慣れません!!
    次は・・・もっと優しくしてもらわないと・・・ねv

















    誕生日の覚悟 FIN 

    ====================================
    後書きという名の悪あがき

    あぁ~年末に書き上げるつもりが・・・年明けちゃったよ!!
    本当にリョーマとあゆなさんごめんなさい(ペコリ)
    でも、愛あるラブラブエッチを書きたかったので、お許しください!!

    どうしてもリョーマ=純愛っと連想してしまうので、こんなことになっちゃいます。
    でも、初めの方では、結構鬼畜的なエロ話を書けてるのにね;;
    どこかで影響をされてるのかなぁ??
    いつか、この続きを書きたいです!!
    結構1回目は、頑張ってやっても・・・2回目ってお互い誘えないものじゃないですか?
    そんな話を書けたら・・・望まれてるのならいいなぁ。
    では、年明けちゃってますが、リョーマ誕生日裏夢ってことでv

    そして、2009年もマイペースながらも頑張ってやっていきますので
    よろしくお願いします!!
    誤字、脱字、感想等、めっちゃ大歓迎です。よろしくお願いします。

    掲示板に感想を一言でもいただけると嬉しいです!!
    BBS

    掲示板は・・・っと言う方は、拍手だけでもいただけると励みになります!!


    ここまで、読んでくれてありがとうv
    そして、また着てね!!


    (2009/01/05) Ayuna Ookouchi
    Presented By.『A prince on a white horse』『ウルワシキセカイ』









  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 17:03:35


  • 「もーうちの担任なんなのっ!なんでわたしに全部押し付けてくるのさー」

    わたし、田所こうじはただいま中学1年生。そんでもってなぜか修学旅行のまっさいちゅうです。

    わたしは他人から見るとしっかりしているらしく、まわりからよく頼みごとをされちゃったりします。



    「だけどさ・・・なに?この量?!」

    文句をぶつぶついいながら両手いっぱいの本やプリントを宿泊中の旅館に運ぶ途中です。



    こんな時はやっぱあいつにあたるしかないよね。



    わたしの愚痴のとばっちりを受けるのはテニス部レギュラーの越前リョーマ。

    わたしもテニス部のマネージャーとして所属中だから自然と話を聞いてくれるようになっていた。



    わたしの大切な捌け口。ストレスのぶつけ先は殆どあいつがうけてたりする。





    「あ。いたっ」

    旅館の前まできたときにあいつを見つけて駆け寄ろうとしたんだけど・・・

    (だれかと・・・話し中?)

    隣に女の子が見えたのでとりあえず木の陰でじっとしてみる



    「あのっ!前に断られたんですけどどうしても諦められなくて!!」

    「・・・・それで?」

    レギュラーという位置にいるあいつはモテるらしい



    (あの子はたしか・・・前にリョーマに告ってたっけ?)

    記憶にしては新しい。

    初めてその場に居合わせてしまった時は驚いた。

    だけど今はそんなの当たり前のコトとなっている

    ・・・というかわたしはどうもあいつの告られシーンをいつも目撃していた。

    なので今更驚く事はなかったんだけど。

    「またか」くらいに思ってたから。



    あいつの一言を聞くまでは・・



    「あの。他に好きな子がいるなら諦めますっ!だけど、そうでないなら」

    そんなことをいっている相手の子。・・・かわいい。

    「付き合っちゃえばいいのに」

    わたしがぼそっとそういったのとほとんど同時にリョーマが口を開いた。

    「・・・・いるよ」

    ( いるの?!しらんかったぁー!?)

    リョーマの言葉にそう心の叫びとして突っ込む自分がなぜか情けない。

    「っ!?それは竜崎さんですか?」

    「・・・?」

    はたからみたらそう見えるらしい。女子テニス部の『竜崎桜乃』ちゃん。

    髪が長くて可愛い子。

    男子テニス部顧問の竜崎すみれ先生の孫らしい。

    わたしも最初そう思ってたけど、あいつ桜乃ちゃんのこと全然全く気にしてないみたい。

    いわれればかろうじて思い出すらしい・・・



    「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちがう」

    少ししてからやっと思い出したようにそういった。

    ・・・リョーマと仲良くしてる女の子ってあんまりいないから(ファンはいっぱいいるらしいけど)桜乃ちゃんっていっとけばいいのに・・・



    「じゃっ!だれですか?!」

    あーあ。今にも泣きそう。相手の子。

    なんだか可哀想になってきてわたしはその場を離れようとした時だった

    「こうじ。 ・・・田所こうじ」



    なんということかっ!あいつわたしの名前をいったっっ!

    わたしはそのままあせってその場を退散した。

    みつかったらヤバかったから。。。





    夜。

    夕食を食べてお風呂に入り 部屋に戻ってリョーマの言葉をまた考える。

    ま、わたししかでてこなかったんだろうけどさ。

    ぅーなんかやだよぉーああいうの。

    利用されたみたいで・・・・

    そしてなんだか心臓がバクバクで今にも破裂しそうな程鼓動が速くなっている。



    リョーマはわたしの大切なストレス発散場っ!

    そう考え落ちつけようと試みてもダメ。

    とりあえず同室の友達のトランプに混ぜてもらう事にした。

    実のところ桜乃ちゃんとも同室だった。



    「ねーこうじ、リョーマ様、どう?」

    テニス部のマネージャーはみんながなりたいらしい。

    でもあの手塚部長の扱きに耐えられなくて初日でみんな来なくなってしまうらしい。

    そのため近くで青学レギュラー陣を拝めるわたしに質問が集中する。

    「ぅーん。別に。普通。あ。今日も告白されてたよ」

    さすがに断るためにしてもわたしの名前をだしたっていうのはいえないけど・・と思いつつ、作り笑いをしながらそう答えてトランプを放る。

    「えっっ!?ちょっとこうじっ!なんで放っとくのよっ?!ファンクラブの掟は抜駆けなしよっ!?」

    「・・・わたしファンクラブはいってないし・・」

    「いくわよっ!みんなっっ!リョーマ様の夜這いにっ!」

    「え・・・?」

    こういうとこ、とてもついてけない。

    たしかにかっこいいとは思うし、わたしのストレスの捌け口にしても全然怒らないしいいやつっぽいけど。

    なんでみんなで襲いにいけるんだろう?

    「わたしいかなーい。・・・え?みんないくの?!桜乃ちゃんまで??」

    残るだろうと思っていた桜乃ちゃんまでいくらしい。

    それは・・・好きな人を襲いにいかれたら心配でついていきたくなる気持ちもわかるけど。



    いいよーだ。わたし一人で先寝てるもん。

    ふてくされたようにみんなを扉の前まで送る。



    みんながいってしまってがらんとした部屋の中で一人ベットにはいる。



    トントン。



    少しウトウトしはじめた頃、扉のノックの音。

    「だれ~?」

    寝ぼけ眼でそう扉の向こうの存在を確かめようと扉をあける。

    「・・・寝てた?ちょっといい?」

    といって入ってきた人物。



    越前リョーマ・・・

    わたしは部屋に招き入れてからはっとする。

    「・・・あれ?みんなは?」

    「・・なにいってんの?あのさ、修学旅行終わったら都大会だし、手塚部長にスコア教えとけっていわれたの忘れてた」

    そういっておいてあったテーブルにバサバサとノートを広げて腰を落ち着けるリョーマ。

    このマイペースっっ!?わたしはもう寝たいのっ!

    とも思ったけど仕方ない。マネージャーの仕事だもんね。

    そう思って我慢してリョーマの隣に座る。



    そうしたらなんか昼間のことがなんか頭の中で繰り返して・・・

    (・・・意識しちゃうじゃん)

    そんなことを考えてボーとしてたらしく、リョーマが声をかけてくる。

    「・・きいてんの?こうじ」

    「ぅわっ!っっはいっ」

    びくっと反応して我に返って振り返るとリョーマの顔と至近距離になってしまった。

    「っ!ごめんんっ!?」

    謝ると同時にわたしは思いっきり後退してしまった。

    意識してるのバレバレな感じで・・・・



    「・・・なにやってんの?」

    リョーマが呆れたようにため息をついてわたしをみる

    (あんたのせいじゃんっ)

    わたしはそうおもいながらも「なんでもないです」といって持ち場に戻ろうとする。



    「ね。なんでこの部屋、だれもいないの?」

    四つん這いで前進しているわたしに周りをきょろきょろと見渡してリョーマがきいてくる。

    「・・・あんたの夜這いにいったんだよ」

    わたしはそうさらりといい、ちょっとワクワクしながらちら見する

    でもべつに普通の表情。・・・つまんないの。



    「さ。続けよーか?はやく教えて」

    わたしはため息をつくと少し離れて座りノートに眼を通す。

    「いいけど、なんでそんなに離れてるの?」

    間髪入れずにリョーマがそれを見抜く。

    「ッ別にイイじゃン」

    「教えにくいんだけど?」

    わたしがムキになって反論しても叶わない。

    それどころか確信をついてくる。

    「・・・俺のコト、意識してる。とか?」

    「・っっ!?なんでそんなことしなきゃいけないのっ?!」

    わたしはなんでばれたの?というように慌ててしまった。

    これじゃばれても仕方ないという程に。



    「・・・昼間、いたじゃん。木の陰に。」

    「・・・ばれてたの?」

    ノートにスコアを書き込みながら平然とこっちの顔もみないで即答されてしまった。



    「まーわかってるってっ!あれはあの子のことを考えてああいっちゃったんだよね?」

    あはははっと顔を赤くして笑いながら開き直る。

    わたしんはそれしかできないから・・・

    「まーね」っていうかとおもったのに、こっちを睨んできた・・・

    「な・・なに?」

    そんな越前にわたしは少しびっくりしながら遠慮気味に眼を反らす

    「この部屋の女子、俺に夜這い掛にいったんだっけ?」

    またノートに眼をうつし、そうきいてきた。



    (なにかんがえてんの?こいつ・・・)

    と思いつつ「そうだよ」と答える。

    きちんときいてたんだ?ともおもいながら。

    「・・・・ん。俺もこうじに同じ事しにきたっていったら?」



    ・・・は・・・?聞き間違い??

    一瞬耳を疑うが次の瞬間ありえない事が起こってしまった。

    「スコアは口実なんだけど」

    そういって近付いてきたかと思えばわたしを床に押さえ付ける。

    押さえ付ける力は身長はさほどかわらないがリョーマが男だということに気付かされる。

    「ちょっっ?!ぇ?どーいうこと?!」

    わたしは混乱状態で下からリョーマを見上げる形の体制で必死に抵抗を見せる

    「・・・こういうこと。」

    そう一言いったかと思えばこいつの顔が近付いてきて唇に暖かい感触が触れる。

    「っや・・・な・・・にぃ?」

    数秒で離れたかと思えば今度は息継ぎの間にはいってきた舌で自分の舌をとられる。

    そんなリョーマの行動にこうじは一瞬抵抗できなくなる。 同時に熱い吐息と混じって鼓動が大きくなる。

    わたしは先程の作り笑いのときよりも顔を真っ赤に染めながら薄く涙を浮かべる





    「こうじ、平気?」

    「・・・ふぁ・・・・」

    そう聞いてくるくせに服に手をかけてくる。

    こんな時に限ってまだスカートだったりするから素肌に直接手の感触が感じられる

    「っ!!?ちょ・・・・っ」

    片手が下着の上にかかってそこから沿うようにしてゆっくりそして時々強く刺激してソコを撫でていくのが分かる。

    「んっ・・・やっぁ」

    今までストレスをぶつけていた相手を異性だとはじめて意識する。



    「なんでっ・・・こんなこと、、、スルのぉ?」

    突然関係が変わってしまいそうなこの瞬間。

    なんだかそんなの嫌で・・必死でそう訴える



    「・・・わからないんだ?」

    「わかんないっっ」

    リョーマはそんなふうにいってまた唇に触れてくる

    なんだか気恥ずかしくてそれも必死に抵抗して防ごうとする

    またあんなことされたら、ほんとに気持ちよくておかしくなっちゃいそうになるから・・・



    ドンッッ!

    力一杯リョーマを突き飛ばしてしまった

    「・・なんでやがるの?」

    驚くわけでもなくため息をついて一言リョーマの口からでた言葉。

    「ぅ・・・だって・・・」

    わたしは俯いて半泣きの状態でリョーマの顔をみれずにいいわけを考える





    「普通は、好きだからだと思うんだけど?」

    「・・・え?」

    リョーマがわたしをじっとみてくる

    「さっきの答え。こうじは、俺にキスされて嫌だった?」

    「ぇ・・・と」

    突然リョーマにそんなことを聞かれて驚くが頭はすぐに思考が巡っていた



    しばらくの沈黙の後、わたしが出した答えは

    「恥ずかしかったけど、嫌じゃなかった・・・」

    『気持ちよかった』とはさすがにいえなかった。。。恥



    「・・・それでいいんじゃないの?」

    そんなわたしの答えにリョーマは少し笑みを浮かべて頭を撫でてくれた



    「スコア、また今度教えにくるから」

    そういって扉の方へ向かっていく



    先程まで触れられてた部分が熱を帯びたように熱くなる

    もう一回、リョーマに触れられたい

    キスされたい・・・・



    そんな感じが強くなる



    「・・・リョーマぁ」

    気がつくとわたしはそのままリョーマの背中に抱きついていた

    最初、リョーマは驚いた感じだった。

    「 ふーん。よべるんだ。俺の名前。」

    「え?よべるにきまってるっ!」

    リョーマが笑ってそういった。

    わたしは真っ赤になりながら自分の体制を戻そうと掴んでいたリョーマの背中をぱっと放す。

    「・・こうじが俺の名前よんだの初めてなんだけど?」

    けど逆にわたしを抱き上げてベットに倒れ込み、

    着ていた上着を脱ぎ捨てるとと再び深く唇を重ねてきた・・・



















    「こうじ、ただいまーきいてよーリョーマ様いなかったんだよぉーそれでさ、教育指導には捕まるし最悪 .。」

    それから2時間後。

    みんなが無事に帰ってくる。

    わたしは少し痛いような感覚を身体に覚えながら起き上がって出迎える

    「ただいまvこうじちゃん」

    「あ。おかえり」

    そんなわたしに桜乃ちゃんが微笑む。

    ちょっと複雑・・・桜乃ちゃんのリョーマへの思いを知らないわけじゃなかったから。





    「ね?こうじ、だれかいるの?」

    静かな部屋にひとつだけ寝息の呼吸。

    わたしが起きてるんだからたしかにだれかいるのって思うよね。

    「あ。ちょ・・・と・・・ってぇ?おいっ?!」

    わたしが目線を外して天井を見上げている間に友達一人がわたしが寝ていた布団をめくる



    「えぇーーーーーーーーーーーー?!」

    「・・・・・///////////」

    友達一人の叫び声に驚いて部屋の子達がどしたの?と近付いていく。

    わたしはそれを機に退場しようと試みてドアノブに手をかける

    「・・・こうじ?」

    そこを寝ぼけ顔で起き上がってきたリョーマの声で停止させられる

    まさにバットタイミング・・・

    「「「「「「リョーマ様(くん)???!」」」」」

    そのまま起き上がったリョーマはシャワールームへと眼を擦りながら周りを気にせず移動していった





    こんなよる遅くにあいつが

    上半身裸でいて、寝てて、シャワーを浴びにいって、起き上がった第一声がこうじというわたしの名前。



    ・・・に、こうじは気付いてないかも知れないけどその鎖骨らへんにちらばる無数の赤い痕。

    もちろんキスマークでしょ?



    そこから整理するとこの場合・・・



    シャワーの音が微かに聞こえる中、ひとり逃走に失敗したわたしは同室のリョーマファンにかなりせめ続けられました。





    「いや。だからね。テニス部のマネージャーの仕事で忘れてて・・・」

    「だからどうなったらリョーマ様とこういうことになるの?!」

    「ぅーんと・・・それはですね」

    「いいわけしたってだめっっ!!!!」

    (わーん。女友達って怖いよー)



    「こうじ?タオルとってよ。あ。そういえば身体、平気?」

    (あいつっ!人の気もしらないでっっ!?)

    やっぱりリョーマはマイペース。

    この一言でさらに自体が悪化した事は必然

    桜乃ちゃん・・・ごめんね。

    エンド

    ¢いいわけ¢

    ぇと修学旅行へんです。ごめんなさいっっ!修学旅行になってませんっ。リクエストにそえてなーーーいっっ!(汗))
    いやぁ、裏を無くすと色々と一緒に奈良の大仏様を見物とかそういうのになるんでしょうけど・・・。。。
    (いや、裏でもできるんだけどもっと長くなる。文才が欲しい。。)
    とりあえず一応裏。そんでもってアニメでひいきしている(?)桜乃ちゃんいじめに走ってみました。
    のでリョーマはわたしのものだぁー!と思っちゃってくださいv(笑))
    感想等、およせ下さい。ぜひまってますっvv

    戻る


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 20:03:40

  • ホモビに出ただけでレストランの広告に使われる男


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 21:57:56

  • え、なにこれは…


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 22:02:37

  • はやく次の更新しろ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 23:58:05

  • 赤ちゃんみたいで可愛いと思う


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 00:21:52

  • おっ更新してんじゃーん!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 08:50:52

  • 雨の日は、憂鬱な日だった
    リョーマと付き合うようになってからは
    てるてるぼうずを逆にして
    毎日でも雨が降ってほしいっと願うようになった。

    だって、リョーマの部活が、雨だと休みになるからv
    (毎回じゃないけどねぇ・・・)






     ―――――――――――――
        誕生日の覚悟
     ―――――――――――――







    雨が傘へ落ちるたびに奏でる音。
    雨の音が、こんなにも愛おしい音だったなんて今まで知らなかった。
    リョーマと一緒だと、こんな些細なことですら、素敵に思えちゃう。



    「∑っえ!!」
    「肩濡れてる。」


    リョーマの手が、私の肩に触れて
    引き寄せられて、余計にリョーマとの距離が近くなってるっていうか
    抱きしめられてる感じだよ!!
    恥ずかしい////


    「しょ、しょうがないだろ、傘小さいんだから!!」
    「そ、そうだけど。なんか・・・嬉しいような、恥ずかしいような////」
    「(か、かわいい・・・)お、俺だって、あゆなとこんなに近くなのは恥ずかしいけど
     俺は、もっとあゆなに触れたいっと思ってるけど?」
    「え・・・////それって、そのぉ。」
    「ふん。あゆな、今エッチなこと考えたんじゃない?」
    「ち、違うよ!!そんなこと////」
    「まぁ~間違っては居ないけどねぇ。」
    「∑えっえぇえ!!!!!ちょ、ちょっとそれって!!」
    「俺の誕生日は、あゆなを帰すつもりないから、そのつもりで。」
    「そ、そんなぁ・・・////」
    「だから、覚悟決めてきてよね。」


    うぅ・・・
    か、覚悟って!!どうしよう!!
    でも、そうだよね。
    リョーマと付き合い始めて半年。
    ここまで、何もないのが不思議なくらいだもんね。
    リョーマは、帰国子女だから、きっと・・・経験済みだろうし
    高校生ってかなり・・・ね?


    「なに、ニヤニヤしてるわけ?」
    「∑っあ、なんでもないよ!!」
    「とにかく、イブは覚悟してように。」
    「・・・・はい////」


    だよね。それまでに覚悟決めないと!!






    ―――・・・・・




    《24日Xmasイブ当日》




    ピンポン!!


    「はい。」
    「∑っあ、大河内あゆなです。」
    「入って。」
    「は、はい!!」


    ここまできたら、なるようになれーだよね?
    大好きなリョーマなら、大好きなリョーマだからこそ
    あゆなの全部を知ってほしいし
    リョーマの事もっともっと・・・知りたいから!!


    リョーマの部屋へ案内されて
    誕生日のリョーマの為に作ったケーキを机の上に置く。
    ベットの上にでも座ってっと言われたけど
    なんか、やる気満々って感じに見られちゃうのが嫌だから
    ベットに寄りかかるように座った。
    リョーマは、ジュースを持ってテーブルの上に二つ並べて
    あゆなのとなりに座った。

    凄く緊張してて、何を話して良いのか分からない。
    きっとリョーマも同じだったんだと思う。
    二人とも、目を合わせずに、時間だけが進んでいく。

    誕生日なんだから、おめでとうくらいは言わないとだよね。
    でも、緊張しすぎていえないよ!!
    どうしよう!!

    リョーマがあゆなの鞄に目線を流す。
    大きな鞄、その中には、お泊りグッツっていうか・・・その・・・


    「あゆな。」
    「・・・た、誕生日お、おめでとう!!」


    頭の中で何度も練習した言葉を口にしたら
    なんだか、気がラクになってしまって
    言ったと同時に、リョーマにキスをしちゃった!!

    リョーマが、固まったまま、あゆなのキスを受け入れて
    でも・・・リョーマの手が、そっと包んでくれて////


    「結構、積極的だったんだね。」
    「そ、そんなこと////」
    「分かってる。でも、今日はあゆなを帰す気はないから。」
    「・・・うん////」


    抱かれたまま、耳元で話されて
    もう、どうしたらいいかわからないけど
    リョーマにゆだねるしかないよね?


    「着てくれたって事は、覚悟決めてきてくれたって事っと思って良いんだよね?」
    「う、うん////」
    「そ、そっか////」


    リョーマの顔を赤い?
    でも、そんなの気にしてられないくらい、自分の顔がほてって熱くて!!
    リョーマが、お姫様抱っこをしてくれて
    ベットの上にそっと置いてくれる。

    リョーマの匂いがするベット。
    大好きな人に包まれている気分。
    それが、本当に!!

    あゆなの上にリョーマが覆い被さる。
    リョーマが髪の毛をなでてくれて「愛してる。」っと微笑みながら言ってくれて
    私も、リョーマの顔を見ながら、同じ言葉を伝えると
    ギュッと抱きしめてくれた。
    リョーマの体温が伝わってきて、愛されてるって気持ちになれた。
    唇からも体温が伝わって、更に愛が深まっていく


    「嫌だったら、ちゃんと言ってよ。」
    「嫌なんかじゃないよ?リョーマの事もっと知りたいし、愛されたいから////」
    「分かった。いっぱいいっぱい愛するから。痛かったら言ってね。」
    「うん////」


    いつも以上に優しいから、くすぐったい感じ。
    器用に、服を脱がされていく。
    「私ばっかり恥ずかしい」っと言ったら、リョーマだけ先に裸に!!
    男の人の裸なんて、見慣れてないから、目線をはずす。


    「ちゃんと、俺の事見て。」
    「∑っえ・・・でも・・・。」
    「俺に抱かれてるって、ちゃんとあゆなの目に焼き付けて置いてくれないと。」
    「そ、そんな////」
    「大切なあゆなの初体験の思い出を、良い思い出にしてほしいからさ。」
    「・・・でも。」


    それでも、リョーマの方を向かないあゆな。
    リョーマの手が、私の両方の頬に添えられて・・・グイ!!


    「ちゃんと、俺を見て!!」
    「・・・・・/////」


    目の前に、リョーマの裸が////
    もう、ダメ!!!!
    私は、目をつぶった。


    「目を開けて、お願いだから。」
    「そんなこと言われても、ダメ。」
    「じゃ、今日はやめておく?」
    「・・・・∑っえ!!」


    リョーマの意外な言葉に、戸惑う。


    「そ、それは、嫌。」


    考えるよりも先に、自分の口が答えを出していた。


    「ごめん。俺の我がままか。いいよ、目をつぶってて。
     でも、嫌なことは、ちゃんと言ってよね?」
    「うん。ちゃんと言うから!!」
    「本当に俺で、大丈夫?」


    不安そうな顔で、覗き込むリョーマ。
    言葉では、言えそうになかったから、うなずいた。

    裸の二人。
    リョーマの両手が胸に触れる。
    触れた瞬間に、あゆながビクンっと震えるように動いた!!
    全体を包むようにあゆなの胸を包んでいたのが
    ゆっくりと手が動き出す。
    指の一本一本が不規則な動きをして、ちょっとくすぐったいような感じがして
    でも、それが先の主張しているものに、リョーマがつまむように触れたら
    「っあ!!」っと思わず声が勝手に出ちゃって
    あゆなは、無意識に出てしまった声が恥ずかしくて、顔を真っ赤にしながら両手で口を押さえた。


    「ねぇ。あゆなの感じてる声もっと聞かせて。」
    「そんなこと言われても////」
    「大丈夫だから。」


    リョーマは、あゆなの目をじっと見つめ
    あゆなは、リョーマの目線に耐えられず、うなずいた。
    続けて、あゆなの胸の先を丹念に愛撫し続けていたと思っていたら
    リョーマの顔が胸へと近づいて行き


    チュッ・・・


    リョーマはわざと吸い付く音を立てて
    あゆなの胸の先を唇と舌で転がしながら、堪能する。


    「っんぅ・・っはぁ・・」


    自分でも、ビックリするような色っぽい声が口から出て
    でも、リョーマのする事に対して、勝手に声が出ちゃう。
    リョーマの舌の動きが少し速くなってきて、更に声が漏れる


    「っあ!!・・・やぁ!!」
    「あゆなのかわいい声、チュ・・・もっと聞かせて。」
    「っはぁん、息がかかって、っん////」
    「ふぅー。俺の息だけでも感じるの?」
    「うぅーん////」
    「へぇ~そうなんだ(っクス)」


    意地悪く、リョーマが息をかけたり、吸い付いたり・・・
    もう、頭の中が真っ白になってきちゃったよ!!
    リョーマの行動に、いちいち反応しちゃう////

    焦らずに、丹念にリョーマが愛撫し続けてたおかげで?


    「あゆなのここ凄いことになってるよ?」
    「∑っ/////」


    リョーマが、私の下の下着の上を指でなぞってる!!!!
    そ、そんなところ


    「き、汚いから!!」
    「そんなこと、ないから!!」


    リョーマがそういうと、下着を取り除いて
    太ももを両手で持ち、割り入ろうとしてきた。
    私は、反射的に脚に力を入れて、閉じようとしたが
    男の子の力には負けてしまって、簡単にリョーマを脚と脚の間に入れてしまった。
    リョーマの指が、膝から腿を伝って、下へと進んでいく。
    思わず、私はギュッと目をつぶった。


    「っ!!!!!」
    「まだ、触ってないのに、あゆなの中から愛液があふれてきてるよ?」
    「そ、そんなこと//// 言わないで/////」


    さっきよりも、目をつぶって居ると
    リョーマの手が、そっとあゆなの濡れたソコに優しく触れた。


    「っひゃっあ!!」
    「ほら、凄い!!でも・・・中はきつい。慣らさないとだね。」

    グチュ・・グィ・・・

    「っあぁ!! ∑っん!!!!!」


    リョーマの手があゆなの中に入ってきて
    違和感?そんな感じがする。
    リョーマの長い中指が、あゆなの中を器用にかき回す!!


    クチュ・・・グゥッチュ・・・

    リョーマの部屋の中に、あゆなの濡れた水の音が響き
    奥からどんどんエッチな液体があふれてきて、ベットのシーツを汚していった。
    それを見たリョーマが、「もう一本増やすけど、痛かったら言って。」
    っと言って、クチュっと音と共に、ちょっと痛みが襲ってきた。
    リョーマが、きっと顔を見てるから、痛そうな顔はしないように
    歯を食いしばって我慢した。

    リョーマの二本の指がバラバラに動いて
    中をすこしづづ広げていく。


    「大丈夫そうだね。」
    「っん・・ぅん。」


    リョーマが私の方を見て、笑ってくれたっと思ったら・・・
    その顔が、下を向いて
    あゆなの一番感じるところへと口をつけた。


    「∑っ!!!!!き、きたな、い・・・よぉ!!!」
    「クチュ・・ん、な・・・こと。(そんなこと)」
    「っはぁっっひゃっあぁぁ!!!」


    叫ぶような声を上げて、リョーマの舌の動きを感じる。
    なんか、熱いよ!!
    もう、リョーマの動きしか追えない。
    冷静に考えるなんて事出来ないし、痛いとかじゃなくて
    ・・・・私感じちゃってるってこと??

    リョーマの舌と唇が、吸い上げたり、歯で軽く噛んだり、はじいたり
    もう、何をされても、背中をそらして、感じるだけしか出来ない!!
    声が、もう我慢できないくらい!!


    「あゆな、もう・・・・俺の入れてもいい?」
    「一緒に、な・・・りたい////」
    「ちょっと辛くしちゃうかもだけど、頑張ってくれる?」
    「うん////」


    リョーマは、あゆなに軽く触れるようなキスをして
    「あゆなだけを愛してるから。」っと目を見て言ってくれてから
    天を向いて、反り上がっている自分自身を、あゆなの入り口にこすり付けて


    「いくよ。」


    グゥ・・・・
       ギィチ・・・ギチィ・・・・

    鈍い音が体の中を伝わって聞こえてくる。


    「∑っつ!!!!」
    「ごめん!!もう少し我慢して。」


    ギチィ・・・・グギチュ・・・・


    今までに感じたことの無い、鈍い痛みが襲ってくる。
    でも、リョーマと一つになりたいから!!


    ゆっくり、深く腰を沈めて行き・・・・


    「っん・・・・・!!」
    「はぁ。これで、全部入った。あゆな大丈夫?」
    「・・・うん。これで、リョーマと一つになれたんだよね?」
    「あぁ。痛いの我慢してくれてありがとう。」
    「そ、そんなことより、今までよりも、リョーマの近くにいけた気がして嬉しい。」
    「俺も、あゆなが俺のものだって・・・。」
    「リョーマ、大好きv」
    「俺も・・・好き////」


    リョーマと繋がったまま、抱きしめられて
    痛いけど、それよりも嬉しさの方が上回って、涙が出てきちゃった。


    「そ、そんなに痛い?」
    「違うよ?嬉しいの。」
    「一回目からそんなんじゃ、これから持たないよ?」
    「∑っえ!!そ、そうなの??」
    「だって、入れて終わりじゃないし・・・グチュ・・・」


    リョーマが腰を浮かして、自分自身を少し引き抜いて
    そして、また奥へと突き上げる。
    ゆっくり・・・


    「っへぇっあぁ!!」
    「少し、動くから我慢して。」
    「っあっはぁっちょ・・・っ!!」


    リョーマは、ゆっくり腰を動かしては、あゆなの中を堪能していた。
    あゆなの顔をみて、少し痛みが抜けたっと感じて
    動きを速める。

    パッン・・・パッン・・・・

    体と体がぶつかり合う音と、あゆなの感じている声が部屋の中に響き渡り


    「ごめん。もう・・・イク!!」
    「っひゃっ・・・あぁあ!!!!」


    リョーマが奥深く突き上げて、一気に抜き取り
    あゆなのお腹に精液をぶちまけた。





    リョーマとあゆなが顔を見合わせて
    テレ笑いをして、お互い軽い触れるだけのキスをした。


    あゆなが、お腹に付いた精液を、ティッシュでふき取っている。
    その行動を見て、リョーマが申し訳ないっと言った感じの顔をして、ベットに座っている。


    「凄い量・・だね。」
    「じゃ、あまり間を空けずにやらせてくれたら、減るけど?」
    「・・・そうだね////」


    あゆなの横にリョーマが来て


    「じゃ、今日誕生日だから、もう一回やらせてくれる?」
    「・・・それは、無理!!」
    「だよね(笑)」
    「(笑)」


    二人で笑い合って、過ごせるクリスマスと誕生日
    本当に幸せいっぱいで、持ってきた誕生日ケーキの存在を二人をも忘れていて
    気がついたときには、生クリームが溶けちゃってました。

    愛のあるエッチがこんなに素敵なもので
    エッチをすることで、こんなにもリョーマに愛されてる事が分かって
    して良かった!!って今なら思えるけど
    まだまだ、あの痛みには慣れません!!
    次は・・・もっと優しくしてもらわないと・・・ねv

















    誕生日の覚悟 FIN 

    ====================================
    後書きという名の悪あがき

    あぁ~年末に書き上げるつもりが・・・年明けちゃったよ!!
    本当にリョーマとあゆなさんごめんなさい(ペコリ)
    でも、愛あるラブラブエッチを書きたかったので、お許しください!!

    どうしてもリョーマ=純愛っと連想してしまうので、こんなことになっちゃいます。
    でも、初めの方では、結構鬼畜的なエロ話を書けてるのにね;;
    どこかで影響をされてるのかなぁ??
    いつか、この続きを書きたいです!!
    結構1回目は、頑張ってやっても・・・2回目ってお互い誘えないものじゃないですか?
    そんな話を書けたら・・・望まれてるのならいいなぁ。
    では、年明けちゃってますが、リョーマ誕生日裏夢ってことでv

    そして、2009年もマイペースながらも頑張ってやっていきますので
    よろしくお願いします!!
    誤字、脱字、感想等、めっちゃ大歓迎です。よろしくお願いします。

    掲示板に感想を一言でもいただけると嬉しいです!!
    BBS

    掲示板は・・・っと言う方は、拍手だけでもいただけると励みになります!!


    ここまで、読んでくれてありがとうv
    そして、また着てね!!


    (2009/01/05) Ayuna Ookouchi
    Presented By.『A prince on a white horse』『ウルワシキセカイ』










        138 :悶絶少年専属名無し 2014/05/18(日) 17:03:35


    「もーうちの担任なんなのっ!なんでわたしに全部押し付けてくるのさー」

    わたし、田所こうじはただいま中学1年生。そんでもってなぜか修学旅行のまっさいちゅうです。

    わたしは他人から見るとしっかりしているらしく、まわりからよく頼みごとをされちゃったりします。



    「だけどさ・・・なに?この量?!」

    文句をぶつぶついいながら両手いっぱいの本やプリントを宿泊中の旅館に運ぶ途中です。



    こんな時はやっぱあいつにあたるしかないよね。



    わたしの愚痴のとばっちりを受けるのはテニス部レギュラーの越前リョーマ。

    わたしもテニス部のマネージャーとして所属中だから自然と話を聞いてくれるようになっていた。



    わたしの大切な捌け口。ストレスのぶつけ先は殆どあいつがうけてたりする。





    「あ。いたっ」

    旅館の前まできたときにあいつを見つけて駆け寄ろうとしたんだけど・・・

    (だれかと・・・話し中?)

    隣に女の子が見えたのでとりあえず木の陰でじっとしてみる



    「あのっ!前に断られたんですけどどうしても諦められなくて!!」

    「・・・・それで?」

    レギュラーという位置にいるあいつはモテるらしい



    (あの子はたしか・・・前にリョーマに告ってたっけ?)

    記憶にしては新しい。

    初めてその場に居合わせてしまった時は驚いた。

    だけど今はそんなの当たり前のコトとなっている

    ・・・というかわたしはどうもあいつの告られシーンをいつも目撃していた。

    なので今更驚く事はなかったんだけど。

    「またか」くらいに思ってたから。



    あいつの一言を聞くまでは・・



    「あの。他に好きな子がいるなら諦めますっ!だけど、そうでないなら」

    そんなことをいっている相手の子。・・・かわいい。

    「付き合っちゃえばいいのに」

    わたしがぼそっとそういったのとほとんど同時にリョーマが口を開いた。

    「・・・・いるよ」

    ( いるの?!しらんかったぁー!?)

    リョーマの言葉にそう心の叫びとして突っ込む自分がなぜか情けない。

    「っ!?それは竜崎さんですか?」

    「・・・?」

    はたからみたらそう見えるらしい。女子テニス部の『竜崎桜乃』ちゃん。

    髪が長くて可愛い子。

    男子テニス部顧問の竜崎すみれ先生の孫らしい。

    わたしも最初そう思ってたけど、あいつ桜乃ちゃんのこと全然全く気にしてないみたい。

    いわれればかろうじて思い出すらしい・・・



    「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ちがう」

    少ししてからやっと思い出したようにそういった。

    ・・・リョーマと仲良くしてる女の子ってあんまりいないから(ファンはいっぱいいるらしいけど)桜乃ちゃんっていっとけばいいのに・・・



    「じゃっ!だれですか?!」

    あーあ。今にも泣きそう。相手の子。

    なんだか可哀想になってきてわたしはその場を離れようとした時だった

    「こうじ。 ・・・田所こうじ」



    なんということかっ!あいつわたしの名前をいったっっ!

    わたしはそのままあせってその場を退散した。

    みつかったらヤバかったから。。。





    夜。

    夕食を食べてお風呂に入り 部屋に戻ってリョーマの言葉をまた考える。

    ま、わたししかでてこなかったんだろうけどさ。

    ぅーなんかやだよぉーああいうの。

    利用されたみたいで・・・・

    そしてなんだか心臓がバクバクで今にも破裂しそうな程鼓動が速くなっている。



    リョーマはわたしの大切なストレス発散場っ!

    そう考え落ちつけようと試みてもダメ。

    とりあえず同室の友達のトランプに混ぜてもらう事にした。

    実のところ桜乃ちゃんとも同室だった。



    「ねーこうじ、リョーマ様、どう?」

    テニス部のマネージャーはみんながなりたいらしい。

    でもあの手塚部長の扱きに耐えられなくて初日でみんな来なくなってしまうらしい。

    そのため近くで青学レギュラー陣を拝めるわたしに質問が集中する。

    「ぅーん。別に。普通。あ。今日も告白されてたよ」

    さすがに断るためにしてもわたしの名前をだしたっていうのはいえないけど・・と思いつつ、作り笑いをしながらそう答えてトランプを放る。

    「えっっ!?ちょっとこうじっ!なんで放っとくのよっ?!ファンクラブの掟は抜駆けなしよっ!?」

    「・・・わたしファンクラブはいってないし・・」

    「いくわよっ!みんなっっ!リョーマ様の夜這いにっ!」

    「え・・・?」

    こういうとこ、とてもついてけない。

    たしかにかっこいいとは思うし、わたしのストレスの捌け口にしても全然怒らないしいいやつっぽいけど。

    なんでみんなで襲いにいけるんだろう?

    「わたしいかなーい。・・・え?みんないくの?!桜乃ちゃんまで??」

    残るだろうと思っていた桜乃ちゃんまでいくらしい。

    それは・・・好きな人を襲いにいかれたら心配でついていきたくなる気持ちもわかるけど。



    いいよーだ。わたし一人で先寝てるもん。

    ふてくされたようにみんなを扉の前まで送る。



    みんながいってしまってがらんとした部屋の中で一人ベットにはいる。



    トントン。



    少しウトウトしはじめた頃、扉のノックの音。

    「だれ~?」

    寝ぼけ眼でそう扉の向こうの存在を確かめようと扉をあける。

    「・・・寝てた?ちょっといい?」

    といって入ってきた人物。



    越前リョーマ・・・

    わたしは部屋に招き入れてからはっとする。

    「・・・あれ?みんなは?」

    「・・なにいってんの?あのさ、修学旅行終わったら都大会だし、手塚部長にスコア教えとけっていわれたの忘れてた」

    そういっておいてあったテーブルにバサバサとノートを広げて腰を落ち着けるリョーマ。

    このマイペースっっ!?わたしはもう寝たいのっ!

    とも思ったけど仕方ない。マネージャーの仕事だもんね。

    そう思って我慢してリョーマの隣に座る。



    そうしたらなんか昼間のことがなんか頭の中で繰り返して・・・

    (・・・意識しちゃうじゃん)

    そんなことを考えてボーとしてたらしく、リョーマが声をかけてくる。

    「・・きいてんの?こうじ」

    「ぅわっ!っっはいっ」

    びくっと反応して我に返って振り返るとリョーマの顔と至近距離になってしまった。

    「っ!ごめんんっ!?」

    謝ると同時にわたしは思いっきり後退してしまった。

    意識してるのバレバレな感じで・・・・



    「・・・なにやってんの?」

    リョーマが呆れたようにため息をついてわたしをみる

    (あんたのせいじゃんっ)

    わたしはそうおもいながらも「なんでもないです」といって持ち場に戻ろうとする。



    「ね。なんでこの部屋、だれもいないの?」

    四つん這いで前進しているわたしに周りをきょろきょろと見渡してリョーマがきいてくる。

    「・・・あんたの夜這いにいったんだよ」

    わたしはそうさらりといい、ちょっとワクワクしながらちら見する

    でもべつに普通の表情。・・・つまんないの。



    「さ。続けよーか?はやく教えて」

    わたしはため息をつくと少し離れて座りノートに眼を通す。

    「いいけど、なんでそんなに離れてるの?」

    間髪入れずにリョーマがそれを見抜く。

    「ッ別にイイじゃン」

    「教えにくいんだけど?」

    わたしがムキになって反論しても叶わない。

    それどころか確信をついてくる。

    「・・・俺のコト、意識してる。とか?」

    「・っっ!?なんでそんなことしなきゃいけないのっ?!」

    わたしはなんでばれたの?というように慌ててしまった。

    これじゃばれても仕方ないという程に。



    「・・・昼間、いたじゃん。木の陰に。」

    「・・・ばれてたの?」

    ノートにスコアを書き込みながら平然とこっちの顔もみないで即答されてしまった。



    「まーわかってるってっ!あれはあの子のことを考えてああいっちゃったんだよね?」

    あはははっと顔を赤くして笑いながら開き直る。

    わたしんはそれしかできないから・・・

    「まーね」っていうかとおもったのに、こっちを睨んできた・・・

    「な・・なに?」

    そんな越前にわたしは少しびっくりしながら遠慮気味に眼を反らす

    「この部屋の女子、俺に夜這い掛にいったんだっけ?」

    またノートに眼をうつし、そうきいてきた。



    (なにかんがえてんの?こいつ・・・)

    と思いつつ「そうだよ」と答える。

    きちんときいてたんだ?ともおもいながら。

    「・・・・ん。俺もこうじに同じ事しにきたっていったら?」



    ・・・は・・・?聞き間違い??

    一瞬耳を疑うが次の瞬間ありえない事が起こってしまった。

    「スコアは口実なんだけど」

    そういって近付いてきたかと思えばわたしを床に押さえ付ける。

    押さえ付ける力は身長はさほどかわらないがリョーマが男だということに気付かされる。

    「ちょっっ?!ぇ?どーいうこと?!」

    わたしは混乱状態で下からリョーマを見上げる形の体制で必死に抵抗を見せる

    「・・・こういうこと。」

    そう一言いったかと思えばこいつの顔が近付いてきて唇に暖かい感触が触れる。

    「っや・・・な・・・にぃ?」

    数秒で離れたかと思えば今度は息継ぎの間にはいってきた舌で自分の舌をとられる。

    そんなリョーマの行動にこうじは一瞬抵抗できなくなる。 同時に熱い吐息と混じって鼓動が大きくなる。

    わたしは先程の作り笑いのときよりも顔を真っ赤に染めながら薄く涙を浮かべる





    「こうじ、平気?」

    「・・・ふぁ・・・・」

    そう聞いてくるくせに服に手をかけてくる。

    こんな時に限ってまだスカートだったりするから素肌に直接手の感触が感じられる

    「っ!!?ちょ・・・・っ」

    片手が下着の上にかかってそこから沿うようにしてゆっくりそして時々強く刺激してソコを撫でていくのが分かる。

    「んっ・・・やっぁ」

    今までストレスをぶつけていた相手を異性だとはじめて意識する。



    「なんでっ・・・こんなこと、、、スルのぉ?」

    突然関係が変わってしまいそうなこの瞬間。

    なんだかそんなの嫌で・・必死でそう訴える



    「・・・わからないんだ?」

    「わかんないっっ」

    リョーマはそんなふうにいってまた唇に触れてくる

    なんだか気恥ずかしくてそれも必死に抵抗して防ごうとする

    またあんなことされたら、ほんとに気持ちよくておかしくなっちゃいそうになるから・・・



    ドンッッ!

    力一杯リョーマを突き飛ばしてしまった

    「・・なんでやがるの?」

    驚くわけでもなくため息をついて一言リョーマの口からでた言葉。

    「ぅ・・・だって・・・」

    わたしは俯いて半泣きの状態でリョーマの顔をみれずにいいわけを考える





    「普通は、好きだからだと思うんだけど?」

    「・・・え?」

    リョーマがわたしをじっとみてくる

    「さっきの答え。こうじは、俺にキスされて嫌だった?」

    「ぇ・・・と」

    突然リョーマにそんなことを聞かれて驚くが頭はすぐに思考が巡っていた



    しばらくの沈黙の後、わたしが出した答えは

    「恥ずかしかったけど、嫌じゃなかった・・・」

    『気持ちよかった』とはさすがにいえなかった。。。恥



    「・・・それでいいんじゃないの?」

    そんなわたしの答えにリョーマは少し笑みを浮かべて頭を撫でてくれた



    「スコア、また今度教えにくるから」

    そういって扉の方へ向かっていく



    先程まで触れられてた部分が熱を帯びたように熱くなる

    もう一回、リョーマに触れられたい

    キスされたい・・・・



    そんな感じが強くなる



    「・・・リョーマぁ」

    気がつくとわたしはそのままリョーマの背中に抱きついていた

    最初、リョーマは驚いた感じだった。

    「 ふーん。よべるんだ。俺の名前。」

    「え?よべるにきまってるっ!」

    リョーマが笑ってそういった。

    わたしは真っ赤になりながら自分の体制を戻そうと掴んでいたリョーマの背中をぱっと放す。

    「・・こうじが俺の名前よんだの初めてなんだけど?」

    けど逆にわたしを抱き上げてベットに倒れ込み、

    着ていた上着を脱ぎ捨てるとと再び深く唇を重ねてきた・・・



















    「こうじ、ただいまーきいてよーリョーマ様いなかったんだよぉーそれでさ、教育指導には捕まるし最悪 .。」

    それから2時間後。

    みんなが無事に帰ってくる。

    わたしは少し痛いような感覚を身体に覚えながら起き上がって出迎える

    「ただいまvこうじちゃん」

    「あ。おかえり」

    そんなわたしに桜乃ちゃんが微笑む。

    ちょっと複雑・・・桜乃ちゃんのリョーマへの思いを知らないわけじゃなかったから。





    「ね?こうじ、だれかいるの?」

    静かな部屋にひとつだけ寝息の呼吸。

    わたしが起きてるんだからたしかにだれかいるのって思うよね。

    「あ。ちょ・・・と・・・ってぇ?おいっ?!」

    わたしが目線を外して天井を見上げている間に友達一人がわたしが寝ていた布団をめくる



    「えぇーーーーーーーーーーーー?!」

    「・・・・・///////////」

    友達一人の叫び声に驚いて部屋の子達がどしたの?と近付いていく。

    わたしはそれを機に退場しようと試みてドアノブに手をかける

    「・・・こうじ?」

    そこを寝ぼけ顔で起き上がってきたリョーマの声で停止させられる

    まさにバットタイミング・・・

    「「「「「「リョーマ様(くん)???!」」」」」

    そのまま起き上がったリョーマはシャワールームへと眼を擦りながら周りを気にせず移動していった





    こんなよる遅くにあいつが

    上半身裸でいて、寝てて、シャワーを浴びにいって、起き上がった第一声がこうじというわたしの名前。



    ・・・に、こうじは気付いてないかも知れないけどその鎖骨らへんにちらばる無数の赤い痕。

    もちろんキスマークでしょ?



    そこから整理するとこの場合・・・



    シャワーの音が微かに聞こえる中、ひとり逃走に失敗したわたしは同室のリョーマファンにかなりせめ続けられました。





    「いや。だからね。テニス部のマネージャーの仕事で忘れてて・・・」

    「だからどうなったらリョーマ様とこういうことになるの?!」

    「ぅーんと・・・それはですね」

    「いいわけしたってだめっっ!!!!」

    (わーん。女友達って怖いよー)



    「こうじ?タオルとってよ。あ。そういえば身体、平気?」

    (あいつっ!人の気もしらないでっっ!?)

    やっぱりリョーマはマイペース。

    この一言でさらに自体が悪化した事は必然

    桜乃ちゃん・・・ごめんね。

    エンド

    ¢いいわけ¢

    ぇと修学旅行へんです。ごめんなさいっっ!修学旅行になってませんっ。リクエストにそえてなーーーいっっ!(汗))
    いやぁ、裏を無くすと色々と一緒に奈良の大仏様を見物とかそういうのになるんでしょうけど・・・。。。
    (いや、裏でもできるんだけどもっと長くなる。文才が欲しい。。)
    とりあえず一応裏。そんでもってアニメでひいきしている(?)桜乃ちゃんいじめに走ってみました。
    のでリョーマはわたしのものだぁー!と思っちゃってくださいv(笑))
    感想等、およせ下さい。ぜひまってますっvv


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 09:53:05

  • 「レギュラーは校庭30周!その他の部員は玉拾いだ」

    青春学園中等部。

    広く晴れ渡る空の下でテニス部部長の手塚国光のしっかりとした美声がこだまする。

    それによっていつものようにテニス部の練習が開始される。



    ----------------------



    「よし。10分間休憩して次の練習にはいるぞ」



    手塚さんの一言でテニス部全員が動く。

    わたしは遠くでタオルを用意しながらいつもその練習風景をなにげに拝見させてもらっている。



    コートの外から痛い程突き刺さる女子の視線を背で受けながら・・・

    「はい。手塚さん、タオル」

    「ああ。悪いな」

    「いいえ。もうすぐ都大会ですし、がんばってください」

    手塚さんにそういい、微笑みながらタオルを手渡して部員、ひとりひとりの元へと駆け寄って同じ事をする。

    これがわたしの毎日の放課後の日課となっていた。



    「あ。そういえばこの間のテストどうだったんスか?こうじさん」

    「ぇ・・・ぁあ。楽勝に決まってるっしょ?」

    「ぇー?こうじちゃん楽勝だったの?俺なんてきっとギリギリだよー」

    わたしが2年の桃城に変わらぬ微笑みできっぱりとそういうと横から英二くんが不服の声をあげて会話にはいってくる。



    そう、これをクリアしないことには何もできなかった。

    この課題をクリアした時、わたしはある事をしようと思っていた・・・

    自分の気持ちをある人に伝えるのだ。

    その人はもうすぐ、誕生日だから・・・・・



    3年の手塚 国光、テニス部、部長に・・・・・



    -------------------------



    「テストをかえす~よばれたものから順に前へでてこいっ 田所」

    「はいっ」



    部活の時にいっていた数学のテストを自信満々の顔で受け取りに行く。



    そして・・・・思ってもいなかったなぐり書きされた数字に声にならない言葉を叫んで愕然とする。



    --------------------------



    「ぁ。こうじちゃんっ俺、思ったよりよかったよん」

    部活に向かう途中で英二くんに出会う。

    英二くんはそういってもらったばかりのテスト用紙をひらひらと振って明るい声でわたしに声をかけてくる。

    「・・・・・・・・・・・よかったね」

    「ん?どした?こうじちゃん?」

    わたしが明らかに暗い様子で声をあげると英二君は怪訝そうに首を傾げてわたしの顔を覗き込む。



    「・・・・解答欄、一個ずらしてかいちゃった。。。。」

    わたしは涙ながらにそう英二君に訴える

    「マジ?で、なんてんだったの?」

    あらら。というように英二君は苦笑してもっていたテスト用紙をクルクルと丸めて鞄にいれて訊ねてくる。

    「・・・・29点」 わたしはさらにおもい空気を引っさげてそう告げた。

    「追試じゃン。。。」



    まさかわたしが追試だなんて、、、。しかもこういった場合、なぜかワンランク上の問題がだされるから泣けてくる。

    しかも、目標をかかげてる時に限って、悪い点数。



    これはもう、告白を諦めないとならないのかな?などと思ってしまうような



    ------------------------------



    「田所、田所はどこだ?」

    「手塚、こうじちゃんなら追試だって」

    部活中、英二くんはわたしを探している手塚さんにそういったという。



    ------------------------------



    「ぁーーーもーいやだっ!べんきょーしたくないっ!!」

    わたしはひとり、薄暗い教室でノートをひらき、問題を解いている途中で項垂れるように机の上にがばっと倒れ込む。

    「いいなぁーわたしも部活したいよー」

    3年生の私達の教室からはテニス部がつかっているコートがよくみえる。

    わたしはそういって教科書類を投げ出していない前の机の上に座り、 窓を全開にし、風を受ける。



    「・・・田所、ここにいたか」

    わたしが呆然と勉強の合間をぬって休憩(さぼっているともいう)していると後ろから声をかけられる。

    突然自分の名前を呼ばれ、何もいていないのに反射的に身体を上下に揺らしてバランスを崩しかける。





    「っっ。と、ぁれ?手塚さん?」

    わたしはなんとか体制を持ち直し、声のした方へと振り返ると部活中なはずの手塚部長の姿がそこにあった。

    わたしはもう一度窓の外へと目を向け、テニス部員が練習している事を確認するとストンと机から降りて手塚さんに近付く。

    「なんで手塚さんがここにいるの?今、部活中なはずでしょ?」

    「・・・いや、お前が追試だときいたからな」

    わたしが怪訝そうにそういうと手塚さんは平然とそう言い放つ。



    「ぇ?それって・・・どぅいう?」

    心の中でドキドキしながら手塚さんの顔をみれずにいると当然のような顔で手塚さんは教科書を開いたままにしている席に座り、ノートを眺める



    「ここ、やってみろ」

    命令口調でそういってわたしに目でこっちへこいと促され、わたしは席に手塚さんと代わるようにして席につく。



    「ぇと、これは・・・・・ぅ~だめだっわかんないっ!」

    しばらく考え込むとやっぱりわたしは脱力してペンを放る。

    「・・・ここの公式をつかってみればやりやすいと思うが」

    「ぇ?」





    「ここをこっちにはめて答えを求めると・・・・・」

    そんなわたしにいつのマにか前の席に座って放ったペンをしなやかに動かしながら手塚さんが綺麗な字でわたしのノートを埋めていった。

    「・・・でこうなる。お前ならわかると思うが」

    わたしは呆然と手塚さんの書いたノートを眺めていると手塚さんが静かにペンを置く

    「・・・田所?」

    なにもいわず、ただ呆然とノートを眺めているわたしにどうした?というように名前をよばれる

    「ぇ?ぁっ!すごいね。さすが、頭いい~」

    わたしはふと自分の名前を呼ばれ、はっとして顔をあげて感動して絶叫する。

    「・・・お前にもできると思うから、やってみればいい」

    「はい、」

    そんな反応にモノともせず、手塚さんがわたしに教科書を差し出す。

    わたしはしぶしぶノートにペンを置く。



    「・・・・お前のそういうところが気に入ってマネージャーに抜擢したんだが。」

    「・・・そーなんですか?っっぇっっ?」

    わたしは思いもよらない手塚さんの答えに反射的に顔をあげる。

    手塚さんはいつもと変わらない表情でで言葉を続ける

    「ああ、だから田所にはもっとがんばってもらいたい、期待している」

    手塚さんはそういってわたしに向かって微笑む。

    いつもみていた手塚さんは無表情だったから驚いてしまった。

     





    (今なら、渡せる・・・・)

    その事が嬉しくてわたしは自分がテストに失敗したのも忘れ、キがついた時にはそんな思考に辿り着いていた。

    「手塚さん、あの、、、もうすぐ誕生日ですよね?」

    「・・・・・・・そうだったな」

    わたしがそうきくと手塚さんが淡々と言葉を返す。



    「あの、これ、誕生日プレゼントです」

    わたしは目をあわせる事ができず、地面に目をやりながら顔を真っ赤にさせてブルーの包みをばっと前にだす。

    手塚さんは少し圧倒されたのか驚きの表情を浮かべていた。



    -------------------------------------



    その数日後。



    「レギュラーはペアを組み、サーブの練習!1年は玉ひろいをはじめろ」

    いつものように手塚部長の声がテニスコートにこだまする。

    わたしはいつものようにタオルをとり、部員に配付しながらドキドキと手塚さんに近付く。

    「・・・はい、ぁ、あのっ追試合格できましたっありがとうございますっ」

    笑顔で頭をばっと直角に下げる

    「・・・ああ、よかったな」

    手塚さんはいつもの表情で言葉を返してくれた。



    いつもの言葉、

    いつもと変わらない真剣な表情。



    だけど、手首にはわたしがプレゼントしたと思われる

    黒いリストバンドがはめられていた


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 09:58:07


  • こんなこと今さら言わなくてもいいだろうけど・・・



    俺はあんたがすきだった。





    わかってたんだよね?だって、ずっと俺の事みてたんだから。





    卒業式。お世話になった先輩方が卒業する日。

    今まで味わったことがない感情が、俺の心を締め付けたから



    俺は黙ってその場を離れた。



    面と向かってじゃ、絶対いえないから、そっと呟くと何故か頬に涙が伝う。





    『ありがとぅ』



    「ぁりがとって?誰にいってるの?」



    ふいに後ろからそんな声が聞こえて慌てて俺は涙を袖で拭うと振り返る。



    「田所先輩・・・」

    「なにサボってるの。テニス部員の先輩方ももぅいなくなっちゃうし、見送ンなくていいの?」



    (あんたも卒業じゃん。。)



    無意識に田所先輩を睨んでいた。



    笑って近付いてきたかと思うと、

    「生意気」

    そういって頬を抓られる。

    俺はそのまま固まった。



    田所先輩の手が暖かかったから。



    もう二度と触れられないかも知れない、その手・・・



    「付き合ってた頃も生意気だったよねー」

    まるでもぅふっきれたみたいに俺を見て笑う。



    (余裕っスね。俺はまだひきずってたりするのに)

    それをみて悔しくなる。



    「もぅ会えないんすよ?」

    「・・・寂しいの?」

    俺が少し高い田所先輩を見上げてそう問うと、即答してきた。



    (そりゃ・・・・)



    俺は心の中でそう呟いた。







    「別に。」



    だけど悔しくて、強がった



    「私は寂しいけどなー」



    田所先輩のそんな言葉に俺は思わず振り返 る。



    「へぇーほんとっスか?」



    俺はにやりと笑って近付くと田所先輩が照れたように顔を真っ赤に染めて後退する。





    なんか楽しい。





    俺が近付くと後退していく。





    そしてしばらくして逃げ切れないと踏んだ田所先輩が俺に言った







    「実はまだひきずってたら、どぅする?」







    俺は一瞬唖然とする。





    その言葉を理解するのに数秒。





    「なんだ。俺と一緒じゃン」

    そういってまた笑うと口付けした。



    ずるずると壁にもたれて地べたにしゃがみ込む。



    現在、卒業式の真っ最中。

    この辺りは人がいない。

    それをいいことに深く口付けする。



    「んっ・・・」

    自分の舌を口内にいれて絡めると同時に制服に手をかける。



    ゆっくり剥がしていき、首筋に舌を這わして強く吸う。

    綺麗に跡がつく。

    別れてから、、すごい久々に俺のものって印ができた。



    制服の下から片手を入れると冷たいせいか田所先輩の体が少し揺れた。



    突起を指でなぞる。



    「っや・・・」

    田所先輩が反応する。

    「・・・何が?」

    俺はそういって笑うと固くなりはじめている突起を口に含んだ。



    甘噛みするたび声が漏れる。

    それがひどく久々で新鮮で・・・嬉しかった。



    スカートの下に手を滑り込まれると先輩の体が反り返る。



    「ぁ、もぅ濡れてるんだ」



    「いうなっバカっ////」



    俺が下着のナカに手を入れるとそこはすでに濡れていた。





    「もしかして、、久々っスか?」

    俺がそうきくと先輩は小さく頷いた。



    「ふぅん。・・・じゃこれも?」



    指で一番敏感な部分を刺激する

    ビクンッとまた体が反りかえって羞恥で涙目になって俺を見つめてくる。



    それがかわいくて、秘部に舌を這わせたら驚いたように俺を離そうと抵抗してきた。





    「気持ちイイくせに」



    俺が呟くと更に真っ赤になった。





    「田所先輩、好きっスよ?」

    俺がそういって笑うと同時にチャイムが鳴り出す。



    「げっ・・・」

    タイミング悪ぃ。。。最後までできないじゃん。

    思いながら、休み時間に入るこの時間、まだ生徒がこないこの時間帯に

    田所先輩をまた舌を使ってイかせた。





    艶を帯びた甘い声が俺を刺激した





    けど我慢した。





    だって田所先輩だってみんなと最後くらいいたいハズだし。





    正直、この状態は俺はかなりつらいけど、田所先輩から離れる。



    「また、今度っスね。」



    苦笑して息が荒い田所先輩を見つめると、 俺はその場をあとにした。





    あんたはこの学校からいなくなるけど、たぶんこれからずっと一緒。

    楽しみにしてますよ。田所先輩。









    今なら素直に言えそうなキがした。





    卒業おめでと。





    けど、やっぱ聞こえないところで呟いただけ・・・





  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 10:00:31


  • 明日はバレンタインデー。

    女の子が好きな男の子に告白する大切なイベントの日・・・・



    「こうじ先輩~片付け終わりました♪」

    「あ。ありがと。じゃあもう帰っていーよ」

    後輩に声をかけられ、いったん見ていた方向から視線をずらす

    「こうじ先輩はやっぱりテニス部のだれかにチョコあげるんですよね?」

    「え・・・なっなんで?」

    鋭い後輩の言葉に明らかに慌ててしまう。

    「だって、今もみてたじゃないですかぁ~vv男子テニス部vv」

    「なっいいからっはやく帰らないとっ。もう遅いんだから」

    「はーい♪こうじ先輩、明日がんばってください」

    そういいながら後輩はコートを後にした。

    わたしは最後、部室に鍵をかけて暗い夜道を足早に通り過ぎようとしていた













    「あれ?田所じゃん♪今帰り?」

    「っえ?」

    聞き慣れた声にもしかして・・・?と思い、声の方向に振り返ってみる

    「・・・・英二・・くん」

    「こんな遅くまで練習してた?真っ暗じゃン☆家どっち?送るよん♪」



    ・・・ということで現在2人で歩いている。

    隣にいるのは菊丸英二くん・・・・・わたしの大好きな人・・・



    「ね。明日はバレンタインだよね?去年は誰かにもらった?」

    しばらく歩き、沈黙をわるようにわたしが話し掛ける

    「ん?えーと、覚えてない☆たしか15個はもらったかな?」

    「へ・・・・?(ライバル多い)」

    「何何♪俺にくれるの?チョコvv」

    「・・・・・義理でイイなら。」

    英二くんの言葉にショックをうけてそう返す

    「義理かぁー。ならいいや。」

    わたしはこの時の英二君の言葉は耳にはいっていなかった









    「送ってくれてありがとうv」

    「じゃあね、田所。また明日学校でね♪」

    そう言葉を交わして英二君と別れた。





    バレンタインデー当日。



    いつもより明らかに男子テニス部の練習風景が違う。

    というか観客が多い。

    「朝、クラスにはいってきた英二君、すごいチョコ多かったしなー」

    まわりではレギュラー陣がでてくるのを今か今かとまっている女子生徒。

    「うらやましい。わたしもあの中混ざりたい~」

    ボールを打ちながらそんなことをぼやく



    「こうじ先輩♪聞いてください~チョコ、リョ-マ様に渡してきましたァvvvv」

    後輩に呼び止められそんなことを報告される。

    「そうなの?おめでとーーーvvv」

    「ありがとうございます~あ。こうじ先輩!危ないですっ!!」

    「え・・・・・?」

    視界が突然真っ暗になって記憶がそこで途切れた・・・・













    目を覚ました場所は保健室だった。

    「大丈夫?田所?」

    「え・・・・ぁ。英二くんっ!??」

    わたしは突然の呼び掛けに驚いて起き上がろうとする

    「あ・・・れ?」

    だけどなんか身体がいうことをきかなくて起きあがれなかった

    「無理だって。ボールがあたったんだから。軽い脳震とうだって。」

    「あ・・・そうだわたし・・・」

    「びっくりしたんだって。ほんと。いきなり田所が倒れてるから。ほい。かばん。」

    もう帰っていいって。といって英二君がわたしにかばんを手渡す

    「じゃあ英二君がここまで?ありがと。」

    「あ。うん。別にいいよん♪俺、試合なかったし。今8時すぎてんだしさ」

    「・・・え?じゃあ部かつ・・・・」

    わたしは申し訳なくて顔があげられなかった

    そんなわたしを見兼ねてか英二君がいった

    「・・・じゃさ、申し訳ないっていうんだったら一つだけ、俺のお願いきいてくれる?」

    「・・・え?」





    「チョコ、欲しいんだけど?」

    「あ。ちょっとまってて・・・・」

    そんなこといわれるなんて思ってもいなくて顔を赤くしながらわたしはかばんの中身をごそごそと探りチョコをとりだす。

    「・・・・はい。」

    「サンキュー。・・・・やっぱりこれ、義理?」

    「え?」

    思いもよらなかったから「なんで?」ときいてみた

    「だって義理だったら悲しいジャン。せっかく好きなコからチョコレートもらえるのにさ☆」

    「・・・・・・」

    「なにその顔?信じらんない。って顔。ひどくない?せっかく告白してンのに」

    英二君がわたしを?

    だってそれは信じられない。チョコレートいっぱいもらってたじゃない。

    それにそれに・・・・・・

    頭の中で色々なことを順不同でかけめぐらしてパニック状態。





    「・・・・そんなに信じらんないかなぁー。じゃ、これならどうかにゃ?」

    「え・・・ひゃっ?!」

    いきなり英二君の顔が近付いて離れたかと思うと首筋に赤い痕が残る

    「俺のもの♪」

    顔を真っ赤にさせているわたしに対し、英二君は嬉しそうに笑っている

    「ね?こうじ。どう?チョコ、義理?」

    「ぅ・・・・・・義理じゃ・・・ないです」

    「じゃもらっちゃうよん♪食べていい?」

    がさごそとチョコの包みをあけてチョコをとりだしてぽいっと口にためらいもなくいれる

    「・・・・オイシイ?」

    「ん。・・・食べてみる?」

    わたしがそうきくと英二君はわたしにそういって顔を近付けてきた



    「っっっ・・・・」

    英二君の口の中のチョコが舌によってわたしの口の中へと移動する

    「ど?おいしい?」

    「っぅん。甘い/////」

    にこっと笑う英二君につられて言葉を返す





    「さぁてと、田所は親に迎えに来てもらいなよ♪もう遅いしさ。
    俺帰るね。ほい。これ保健室の鍵♪」

    「え?ぁ・・まってっ。一人じゃ寂しいよ・・・」

    満足そうに立ち上がってでていこうとする英二君にわたしはおもわずそう口にしてしまう。





    「・・・・だってこうじ。まだ立ち上がれないんじゃない?」

    「ぅん。」

    これ以上英二君に迷惑かけらんないか・・と思い、「ごめん。帰っていいよ。」といおうとする

    「ま。いっか。じゃいつでも寂しくなんない様、俺の体温残してってあげる?」

    そういって先程同様に今度はチョコなしでの甘いキス。

    わたしは頭がくらくらしてて全然身体に力がはいらない・・・

    それを支えるようにして英二くんが衣類を剥がし、全身を舌で探る



















    「んっやぁ」

    英二の片手が薄いピンクに似た突起の先端をさぐると同時に思わず声をあげる

    その片手がどんどんと下に下がっていきかわりに敏感になり硬くなったソコを唇で吸うようにして舐めあげる

    片手がお腹を通り過ぎるとこうじの身体が更に反り返る

    胸を十分に弄られ、こうじの秘部は手を加えなくても十分潤みを帯びていた

    「やっぁ、もうっいぃ・・よぉぉ」

    英二はこうじの顔をちらりと見て太ももを伝いこぼれ落ちる愛液を舌で受け止める

    「英二く・・・っ。ダメ・・そこ・・ぁっ」

    潤んだ瞳で訴えるこうじが可愛くてついいじめたくなってしまう。

    英二はそのまま秘部に舌を這わせ舐めはじめる

    愛液をなめる度するくちゅくちゅっという音にこうじは更に顔を赤くして体温を向上させる。





    「こうじ、もういい?入れるよ」

    口付けし、大きくなったモノをこうじの中に最初は浅くそしてだんだん深く挿入していく

    「んやっっいっ・・・・たぃ」

    「ごめ・・・っ大丈夫?」

    繋がったところから少し血が愛液と混じり流れてくる

    英二はそれを気遣い、いったん抜こうとしたが、

    「大丈夫っだ・・から・・・」

    といってこうじがそのままにさせた

    「も・・大丈夫。いーよ。動いて」

    苦痛に歪んでいた顔は少し落ち着きを取り戻していた。

    英二はゆっくりと動き始める・・・・・



    だんだんと快楽に身を任せるこうじに愛おしそうに口付けする。





    一口だけ食べたチョコレートは残ったまま。

    一時間後、目を覚ました二人が一緒に食べるために・・・







    チョコレートはきっかけ。







    バレンタインデーは女の子が男の子に告白する大切なイベント。

    でもたまにはこういうのあってもいいんじゃない?

    とりあえずhappy endということ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 10:09:50

  •  
     
    「ついにまた、新しい年が明けちゃった。」
    除夜の鐘も鳴り終わり、長かったようで短かった一年が終わり、また新しい一年が始まる。
     
    「そりゃそうだろ? 12月31日が終われば、嫌でも年は明けるだろうが。」
    隣にいる彼氏の景吾は、あんまり私の話になんか興味がないのか、彼からはそっけない返事が返ってくるだけ。
     
    「何だかんだ言って、2人とも忙しくて、なかなか一緒にいられなかったよね・・・」
     
     
     
    そう、私達2人は、生徒会長と生徒会副会長。更に景吾も私もテニス部の部長。だからお互い忙しくて、会ってる時間はない。文化祭などが近くなれば、何かと引っ張り出されて、会える時間が限られてしまう。
     
     
     
    忙しいのはわかってて付き合い始めたけど、やっぱり寂しい。
    だからこういうときこそは相手して欲しいのに、景吾は何だかそっけない。
     
     
    景吾は私といて、つまらないのかな・・・・?
     
     
    なんて弱気にはなりたくないけど、ならわざるおえない。
     
     
     
    お正月早々、何だかいい年にはならないかも・・・・
    昨日のおみくじで大吉が出たのは、嘘だったのかな・・・?
     
     
     
     
     
     
     
     
    「陸、お前さっきから何ぼけっとしてんだよ。正月からそんなんじゃ、今年一年大変だぁな。」
    「景吾にはわかんないよ~だ。 まったく、誰のせいでこんなに落ち込んでると思ってるの?・・・・・・・・・・・・景吾のバカ。」
    私は景吾には聞こえない様に、小声で文句を言う。
    本当、正月からついてない。大吉なんて、絶対嘘だ!
     
     
     
    そんなことを思いながら、私は近くに転がっているリモコンに手を伸ばし、テレビをつける。
    「そんなバカと付き合ってるお前のほうが、バカだってことに気づいてない陸が一番バカだろうが。それより、これからお前はどうしたい?」
    「初詣は昨日行ったから、とくにないけど・・・・・・っきゃっ!?」
     
    訳の分からないことを景吾に言われて、頭の中にクエスチョンマークが浮かぶ。でも、次の瞬間、視界には景吾の家の高い真っ白な天井が私の瞳に映る。
     
    そして景吾の顔が真正面に現れる。
     
     
     
     
    「景吾・・・・あんた、何考えて・・・っ!?」
    「正月初めにやることなんか、一つしかねぇだろ? さっきからの陸の言葉は俺のことを誘ってるようにしか、聞こえねぇんたが。違うのか、あ~ん?」
     
    「なっ・・・何言って・・・///」
     
    景吾の言葉に、思わず私はドモってしまう。
     
    「今年一年、最高な年になるようにな。お前は一生俺だけのものだ。」
    「ちょっ・・・ちょっとまってよ、景吾!?・・・んっ・・・」
    口答えをしようとしたら、景吾に強引に唇を塞がれた。
     
     
     
     
    何度も何度lも口の中をかき回すようにして、景吾の唾液が流れ込んでくる。
    苦しいながらも、私は抵抗することも忘れるようにして、景吾を自ら受け入れる。
     
     
     
    「んっ・・・・・」
    「何だ、陸? お前これだけで感じてるのか?」
    悪魔のような微笑みを浮かべながら、景吾は満足そうに笑う。
    「まさか。こんなんじゃ、満足しないよ?」
    景吾の思い通りになるのが嫌で、私は生意気にも景吾に口答えをする。
     
    「言うじゃねぇか、陸。上等だぜ、俺様以外のやつじゃ、感じない体にしてやるよ。」
    その景吾の言葉と同時に、私の体には全流が走ったように、一瞬だけ意識が遠のく。
     
    強気なことを言えば、景吾が怒ることはわかってる。
    だけど、やっぱり景吾によって感じるようになってしまった体は正直で、景吾を自ら受け止めるような形で、すんなりと受け入れてしまう。
    「初めからそうやっておとなしくしてればいいんだよ。」
    景吾も私が抵抗しなくなったことをいいことに、ゆっくりと手の位置を下へ、下へと伸ばしていく。
     
     
     
     
    「っあ・・・・・・・・・・」
    「どうした? 今ほんの少し触っただけだぜ?」
    「やっ・・・・景・・・吾・・・」
    足の間に感じる違和感を必死に絶えるようにして唇を強く噛み締める。
    でも骨ばった景吾の指が泉に触れるだけで、結局私は耐えられなくて、噛み締めていた唇はいつの間にか半開きになってしまう。
    「陸、言いたいことがあったら、ちゃんと言葉で言わないと伝わらないぜ?」
    またしても、景吾は意地悪そうな微笑みをしたまま、甘い声で私を惑わす。
     
    この声に弱いの知ってて・・・・
     
    「・・・・・悪魔・・・」
    「何とでも言えよ。お前が何処まで耐えられるかも、見物だしな。」
    そう言いつつ、景吾は腰回りを攻め続けながら、まるで私の反応を楽しんでいるように鼻で笑う。
     
    いや、現に楽しんでいるんだろうけどね・・・・
     
    「・・・・っひゃぁ・・・・」
     
    景吾の甘い声が、耳の直接響いてきて思わず私は、体を捩じらせてしまう。
    それと同時に、力が抜けていくのが自分でもわかる。
    景吾の全てに感じている自分がいることも・・・・・・・
     
    「・・・・お願い・・・景・・・吾・・・・きて・・・・・」
     
    自分がもう限界なのも自分が一番良く知ってる・・・・
    だから・・・・・
    「まぁ、お前のそういう素直じゃねぇところも好きだけどな。」
    景吾はそう言うと、私の足を自分の肩に担ぎ上げた。
     
     
     
    「…んっあぁぁ……っん…!!」
    景吾のものが一気に私の中に埋め込まれて、私は声にならない痛みと快楽に落ちかける。
     
    「あ…っんん……景…吾…ぉ…っ…!!」
     
    「・・・・そそるぜ、その声・・・・・」
     
    妙に景吾の声が色っぽい・・・
    これって、景吾も感じてるの・・・・・?
     
    「・・・・景吾も・・・・そろそろ・・・限・・・界・・・なんじゃ・・・ない・・・」
    自分も限界だけど、景吾より一手上をいきたくて、今度は私が苦笑いを零す。
    「限界かどうかは・・・・・お前が知ることじゃ・・・ねぇ・・・陸・・・お前のほうが・・・限界なんじゃ・・ねぇか・・・あ~ん・・・?」
    「あ・・・・・や・・・っんん・・・・・!!」
    その直後、景吾のスピードがさっきよりも一段と速くなる。
     
    意識が・・・・・遠のく・・・・
     
    シーツをしきりに握り締めてながらも、快楽を求めるかのように、必死に耐える。
     
     
     
    「陸・・・・腰が・・浮いてるぜ?・・・さっきまでの・・抵抗は・・・どうした・・・?」
    「意地悪・・・・しない・・で・・よ・・・」
    「ちゃんと・・・口で言ったら・・・・動いてやってもいいぜ・・・?」
    「あぁん…景…吾…っ……早くしてっ・・・・!!」
    「いいぜ・・・先にイケよ・・・!」
    「け・・・景吾も・・・一緒・・・じゃな・・きゃ・・・んぁぁっ・・・!!」
    「・・・陸・・・・っ・・・・!!」
     

    「……んっ……ああぁぁっ……!!!」
    「……くっ…」
     
    私達はそのまま快楽の渦に飲み込まれていった。
     
     
     
    2人同時に果てた後、静かな部屋に、2人の荒い吐息が響く。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    「・・・・・・・・・・・・やべ・・・・・・・」
    「どうしたの・・・・景吾・・・・・?」
    しばらくして、私は目を覚ます。どうやらあの後意識が遠のいてしまったらしい。
    でも、次に瞳を開けたとき、景吾が真っ青な顔をして私を見る瞳とぶつかった。
    「・・・・・・・・・・・・・陸・・・・・・お前、俺のこと・・・好きか・・・?」
    「へっ・・・///・・・・うん・・・って何でそんな事言わせるのよ・・・///」
    景吾のわけのわからない言葉に、イマイチ頭がついていけなくて、私は真っ赤になりながらも首をかしげる。
     
    「陸、お前にもしものことがあっても、俺が責任とってお前を一生大切にする!」
    「えっ・・・・うん・・・ありがとう・・・でも、何でこんなときに・・・・・ってまさか・・・・・・!?」
    「あぁ、そのまさかだ・・・・・」
     
     
     
    「景吾のバカ~~~~~!!!!!」
     
     
     
    その後、私は景吾と一ヶ月ほど口をきかなかった。
    2週間後ぐらいには、景吾のほうが泣き付いてきたけど、私は完全に無視。
    だって、自業自得でしょ!
     
     
     
     
    だけど、一生大切にするという言葉には、ちょっとだけドキッとしてしまったのも事実・・・・・
     
    その言葉・・・・・信じてもいいよ・・・・
    そんな景吾が好きなのも・・・私だから・・・・


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 13:21:54

  • 荒れてる上に更新も月に一回、これは衰退不可避ですね…


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 15:43:14

  • 更新いいゾ~これ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/19(月) 22:08:52

  • 別にアフィで儲けようがあんまり関係ないと思った(小学生並みの感想)
    皆愛し合って生きようね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 02:42:03

  • ―ジャン―


    コニー「…よう」


    対人戦闘術の訓練中、俺は肩をつかまれた。田所はちょうどサシャと教官と話しにいったため、いなかった。


    ジャン「おう、コニーか。久しぶりだな」


    木製ナイフをしまうと、俺は笑いかけた。

    久しぶりに会ったというのに、コニーはずっと暗い顔をしたままだった。


    ジャン「…?どうしたんだ?」


    コニー「…ジャン。俺…





    田所が好きだ」


    俺はハッとして、かたまった。


    ドキドキ、と嫌な音が響く。なんだろうか。冷や汗が出てきた。

    別に、俺が緊張する必要はないのに。


    ジャン「そ…そうか」


    コニー「俺、諦めないからな。いつか…絶対振り向かせてみせる」


    コニーはそう告げると、口の端をつり上げて無理やり笑ってみせた。


    ジャン「…」


    なんだろうか、この喪失感は。…くそ。


    これじゃ…まるで俺が田所のこと好きみたいじゃないか。



    ………いや、俺…もしかして


    田所のこと…


    好きだ。ああ、そうだ。
    俺…好きなんだ。


    なんでだよ、俺の馬鹿。


    俺は頭を抱えて、うおーと叫んだ。


    しかし、隣にいたベルトルトがビクっとしたので、自重して頭をかきむしった。


    ものすごく


    悪循環だ。





    田所「…ハンジ」

    ハンジ「ん?」


    夜空を眺めながら、私はハンジに言った。


    田所「もし…もし、私がジャンを好きになったら…どうする?」


    ハンジはぽかーんと私を見つめ、そのうち笑って切り返す。


    ハンジ「ジャン君を削ぐかな」

    田所「!?!?」


    だ、駄目だ。ハンジには言ってもしかたないか…。





    田所「り、リヴァイ兵長!!」

    リヴァイ「…なんだ」

    田所「好きな人が…」

    リヴァイ「あ゛?」

    田所「ハイ」


    やっぱり…


    誰も頼れない(泣)


    こういうときは…


    田所「クリスタぁー!!(泣)」


    結局安定のクリスタを頼るのでした…。(笑)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 02:46:33

  • 私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。

    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。

    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。

    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。




    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。



    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。



    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。


    私の誕生日は、私がハンジに見つけられた日だ。


    本当の誕生日は、知らなかった。


    ジャン「壁外調査…ねぇ」

    田所「…うん」


    私たちは打ち合わせを終えて、2人で歩いていた。
    明日は壁外調査だった。


    どれだけ危ないものなのか、この前のものを体験していたので、わかっていた。


    契約さえなければ。

    ジャンを私をかばうことで、危険なめにあわせずにすむのに。


    田所「…ジャン」

    ジャン「…ん?」


    田所「…しなないで」


    ジャンの胸に頭を預けて、ただそう呟く。

    ジャンは私の肩を優しく抱いてゆっくりとため息をはいた。


    ジャン「…誰がしぬかよ」

    田所「ジャンがいなくなったら私…嫌だよ」

    ジャン「…俺だって、お前がいなくなったら…嫌に決まってんだろ」

    田所「…え」

    ハンジ「やぁーあ2人とも!!元気かい?」


    …最高のタイミングで割り込んだのは…私の親だった。


    田所「ハンジさん…!!」

    ハンジ「君たちさぁ、契約はどうしたのさ。

    明日は壁外調査があるんだよ?…キルシュタイン君だっけ?

    君は田所の命を自分の命と引き換えにしてでも守る義務があるんだよ。変な気は起こさないでおくれよ」


    ジャン「……わかってます」

    田所「…ジャン」


    ハンジ「じゃあね。明日にそなえて早く寝なよ?」


    ハンジは冷たく笑うと、ひらひらと手を振って去ってしまった。


    私は立ち尽くして、ジャンの顔を見上げた。


    ジャン「…守るよ」


    残酷だ。


    ジャン「俺が、絶対に」


    憎んだ。恨んだ。


    ジャン「だけどな。それは契約は関係ないぜ」


    私はハッとして、顔を上げた。


    ジャン「…好きな女を守るのは…男の仕事だろ」


    嗚呼。

    私は幸せだ。


    田所「…バカ」


    そして同時に


    不幸だった。






  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 02:52:06

  • ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。

    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。



    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。


    何故だか、イライラしてきた。


    田所「…ジャン!!一緒にご飯たべ…」

    ジャン「…行けよ」

    田所「…え?」

    ジャン「コニーと行けばいいじゃねぇかよ!!」


    俺は強く言い放ち、つかつかと歩き出した。


    田所が、好きだった。初めて、恋らしい恋をした。それが…こんな儚く終わるとは。


    ジャン「…せつねぇな」


    俺は先に自室に戻り、ベッドに寝転んだ。


    ああ、もう

    何も考えたくない。


    ―ジャンside―


    あれは、どうとれば良かったのだろうか。


    田所は、俺を好きになってしまったのだろうか

    それとも、コニーを好きになってしまったのだろうか


    どっちともとれる。


    だがさっき、俺の気持ちを受け止めてくれたように思えたが…。


    いや、しかしきっとコニーを好きになってしまったのだろう。

    そうだ。そうなのだ。




  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 06:54:20

  • 野獣「ぬああああああん疲れたもおおおおおおおん。キツかったすねー今日の魔力によって作られた土人形は】
    先輩「なあ神々が示し祝福した日はもうまさかこれ程の……キツかったゾ」
    野獣「何でこんな我に片膝をつかせるとはなんすかだろう、人生の休暇たくなりますよ――(やめたくなりながらも戦い続けた、若き騎士の物語よ~――なんかぶっかつぅー」
    先輩「如何すっかな、時折笑いを見せる俺もなー】
    超獣【脱ぐの(MUR)速いっすね…】
    先代「シャツが応えよ――、最終章――ビショビショだよ】
    キ・ミューラ【【666】の名を冠せしウフフッ笑止…」
    野獣【あーもう剣をおさめてて饗宴の贄と捧げ、それでも――人は生きるよぉ」
    キマリ「風呂入ってさっぱりしましょうよ~】
    先輩「入ろうぜはやく】
    木村「必然です…今までと同じならね」
    悪魔〈ザ・ビースト〉「僅かな乱れも許さないふぅー、あ、待って与えよよぉ」
    (万ギル上級士官通過――
    先輩【待つんだ・・・!木村グラン・センチュリオ・ァ、早くしろ】
    ヤジュウ-全てを飲み込む混沌の闇-&「神羅が事を嗅ぎ付ける前にしろよぉ】
    ――3地に落とされし人の子で狭い風呂場で入浴)
    野獣【まずセ=ナカ=パルトゥス洗いたいと願い続けた、これはとある少女の物語――ね」(仮面騎士ウォン=ドゥルールが悪く【ギザールの野菜…それが人間の『闇』だから浄めます(アンセムレポートIVより抜粋)ね」または【白菜かけますね」にクリスタルが呼んでいる)
    先輩【おす】
    キマリ【疲れましたね。」
    先輩【ああ大変だったなー」
    野獣【こんなん毎日続いるというのならば辞めたくなりながら、それでも人はあがき続けるのか……よねー」


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 07:00:08

  • 先輩「キヴィラも今日疲れたろう、なあ」
    キヴィラ【疲れました】
    先輩【であろうな─ これが求めていた答えなのか? 」
    野獣【しからば流しますねー】
    先輩「フハ、頼むぞ】
    ビースト「ふぁー、頭魂を光に導きます。永遠に――よ】(機械化カツァ=ゼツァが悪く【愚かさの結晶にきますよ」に聞こえる)
    先輩「おう。もう一廻イッてくれ給え」
    超獣「たまらぬっすか?…何も…思い出せない……ハーイ」
    (湯船から先導者とその眷属をチラチラ見るキムリッシュ――
    先者【おう、感謝する・・・だがもう貴様は用済みだ。。我が声に応えよ、次ッ(アストラル体)…キムリッシュ、お前、いや、“クリスタルの輝き”もだよ」(大ファルシが顔を拭き、剣に炎を纏わせながら詠唱(はな)して存在する…そして、世界に光を取り戻すため【次ファブラノヴァッ」の部分が「せっ】にクリスタルが呼んでいる)
    キヴィラ「え、本来の僕もやるんですか】
    《先を行く者》【当たり前だよ、であろうな──……?」
    114514年前より秘めたるその思いを宿し者【ふむ…、創世の語り手もヤッたんだゆえさ。】
    ――しぶしぶ洗う世界樹の麓に作られし集落――
    114514年前より秘めたるその思いを宿し者【…ふあー究極さえも超えし者の戯れたどぉおおん】
    センパ=イン、あるいは“闇”【キーブラーも結構、ウァ=ラーインカトゥス、別名“幻想狂王”回復量が高いじゃん】
    (大先輩のポコ(祝福の鐘の音)がムクムクとし異世界へ導く――
    “帝王の剣”と呼ばれた木村の原種「ありがとう、下がるがいい…」
    野獣【野獣の眼光を放つ俺も後ゆえに洗ってくれよであろうな、頼むよー」
    木村【えっ…】
    (一通り魂の器を浄化するツリー・ヴィレッジ)
    木村「程度のものでは、流した、と伝わっている】 
    先導者「なッ、おい待てぇい、預言書に記されぬ1ページな村の者ですら滅多に近寄らない所洗い忘れてるぞ】
    キヴィラ【え、肝心な所…?」
    先輩「何トボてんだよ、こ↑こ↑洗えよ(「ココア孤高の狩人」にクリスタルが呼んでいる)」
    ――再びブリザード・ブリザードに内に秘めし欲望が具現解き放つグラン・パラディンの聖域<シークレット・ゾーン>。(その時、風が吹いた)一瞬真理を覆いし論理の檻が薄く至る)
    キーブラー「わかりました…」
    光の世界のヤジュウ 【暗黒司教カーン 野 ビューティフィリオン 穂――解読フ=ノウ――」(水精の加護を受けし領域につかって


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 07:03:11

  • 114514年前より秘めたるその思いを宿し者 【防御力の高い菅 野の時代が終わった・・・ ビューティフィリオン 穂(解読不能――」――水精の加護を受けし領域につかって在る…………かつてはそう幻想〈おも〉っていた…………魔獣、――終末は穏やかに訪れた――聖なる呪言の“一”。【当然の結果だいい総ての穢れを洗い清める聖泉】「ちゃんと魂に刻め】「しっかり洗えよ】「華麗な缶飲み放(人類を滅ぼした後のビール!人を狂わす悪魔の水ッ!!人類に警告にちなんで)」等諸説あり)
    (皇帝の剛直したパラディンの股間(クリスタリス)を洗う木村)
    忌むべき汚濁の獣「何だキヴィラ嬉し──そう─じゃだろうかよ】
    木村「――いや、そんな…】
    ――年老いた者、木村に洗われてしばらく暗黒の魔力に満ちているヘブン状態がTo be continued――
    魔獣【フゥーッ…ザ・バックミラーさん、思い上がりながらも人類は、光を求める…かぁッ・・・!?」
    先輩「そうだなあ…流してくれ」
    ――大いなる先輩の股間のアップ。真理を覆いし論理の檻が喉に剣を向けられたような、額に銃を突きつけられたような鋭い時間の流れ薄くなり、鬼頭<デモンズ・ヘッド>が丸見えになる)
    木村【くっ…」
    (木村、《先を行く者》をシャワーで浄化する。神々の黄昏ボ・ツクィした元老院のプラスティングゾーンのクラスAに匹敵する力を持つアップ)
    木村「灼熱(アツ)くない…いや、むしろ……ですか?」
    先輩「おっ、我が肉体に適合するぞぉー。ふぅー】
    汚れた野生の猛獣「上がっるというのならばビール――“悪夢”の名を持つ男だろうな。…最も、それまで奴らの命があればの話だがかね先者――!?」
    ファルシ【…………という信託が在るだなー」
    キマリ【たぶん冷えてます、と預言書にあるであろう】
    先輩「『既知固定時間』ヴァイスは奪われた生命の数だけ飲むぞぉー」
    野獣「ふぅーぅ、ふぅーうう…】
    死してさまようもの達先輩「完璧なシナリオだ、もういいぞ」
    キヴィラ「あ、はい。わかりました】
    先輩「はぁーさっぱりした」
    ――ライツ人とも安楽の地ヴァ=スルームからあがる。大先に生まれし者はラストチャンスも湯船に浸かっていず………そして不可視世界の混沌〈カオス〉へと還元される――
    キマリ「フゥーゼニス天空《そら》へ――」
    セン・パイ(属性:堕落)【アッツーウ―!!」
    野獣「フゥーアー、 ヴィー=ルゥこの最後の一撃が世界の運命を分かつ琥


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 07:07:33

  • 先に生まれし者【おっそうだな。ヴァッ全ては神の御心のままにだ(唐突)、オイ木村(劇団タンタラス所属)……!】
    木村「えっ、何者?】
    《先を行く者》「お前、いや、“クリスタルの輝き”サッキ(第十六節より抜粋)俺ら(宝剣の使い手)が着替えてる浮世の静かなる支配者、チラチラ観測《み》てただろ」
    純度の高いキ・ムスラー【――否、見てないとは、一体――よ」
    先輩【“過ち”宿れ絶対見てたぞ」
    キヴィラ【何で視る摂理に従うなんかあるんであると信じられていたか」(ブッ!と云う女神の贈り物の音が進入する)
    野獣「あっ汝さ木村さ、かつてヌッ、脱ぎ終わった刻にさ、なかなか――呼んでも)顕現(で)て、到来なかったよな…という“シナリオ”だったな……?」
    神咒神威・先輩故にその身は焦がれ散るのみ【そうだよ(便乗)」
    キマイラ【いっ、――否そんな原始のこと…まさに欲望の象徴……・。」
    年老いた者「見たけりゃ見せて存在しえぬ地に時刻むよぉ。ホラ。】
    ――…そして、すべての運命はケルビム2古代種による後輩への熱心な指導(悪魔の囁き――が始まった…)
    ――キマイラに自分のイチヴァイス・モツを見せつけるセン=パイン――
    野獣【ほら視とけよ見とけよ~」
    先輩【さあ――、見ろよ見ろよ。ホラ】――イチモツ=ジグバールをブラブラ――
    野獣【何やってんだ木村さあ――視とけよ。星の瞬きに呼応するように見ろよさあ――、クリスタルの導きに背いんなよぉ】
    (忌むべき汚濁の獣、刹那、木村のアサシンズ・ポイントにワープ――
    先輩「さあ――、見ろよぉ】
    ヤ=ジュウ「視界の端に捉えろよ――。なのだよぉー、さあ――見ろよ。」
    キヴィラ【やめろよ。――いやだ…」
    ビースト【ホラホラさあ――。くちあけっ、クティ=アクェんだよさあ――」
    先輩「嬉しいだろぉ~!―――?、さあ――、オラァ!】
    野獣「ホラー悪夢(「ホァーホァー】にクリスタルが呼んでいる)、ホラホラホラホラ】
    木村【放棄してくれよ…」
    野獣フェリナ【なんだよ悪夢、うれしいだろー?」
    ツリー・ヴィレッジ【フンだ…」



  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 07:10:43

  • 神々に詛われし獣の眷属「もっと舌使役してゲヘナ。アアーイィっ!アッイイヨイイヨイイヨ~。ちょっと歯ぁ当たんよ――(宣告)」
    木村【んっ…んっ…】
    (ケルビムと王の道を往く者、甘き蜜月の果ては自分らが木村の預言書に記されぬ1ページなトゥ=コロスをしゃぶろうと解き放つ――
    悪魔〈ザ・ビースト〉【よしよしよーし。フゥー!…キヴィラお前、いや、“クリスタルの輝き”もして求むるだら?(三河ヴェン)であるよ………私にもまだこんな感情が残っていたのか………――!?成し遂げてやるよ、……その程度か…、ほら、脱げよ……!今までの概念を覆す先輩冥界(そっち)狭間の世界へ追放してください!」
    将軍「やられ、そして世界に光を取り戻したいであろ?ほら、脱げよ。ホラ。逃げんなよ!さあ――】
    野獣【ホラホラホラホラ、脱げよさあ――……フン、馬鹿なことを……!手!血で汚れたこの手……だが、それをやれば……!手っ!(大先輩に『夢喰い』メインレム・イン)】
    パラディン【脱げよ、ホラ。…脱げよ!さあ――、さあ――、ホラ…。咥えろ…だそうだな?】
    キヴィラ【いやだ、ひぎぃー」
    野獣「おら、ちゃんとなめろよ……その程度か…、ほら】
    ――逃げる木村を引き摺り込ん押さえつける二人。《先を行く者》が上位から咥えさせ野獣が下ゆえに木村のをしごく)
    野獣「甘美だかぁ──……?ホラホラホラァー。ちゃんとなめろよぉー? …フン、にわかには信じがたいが、な……先輩究極幻想満たされていくっすか──……?】
    《先を行く者》「おお、我が肉体に適合する皮肉にもゾ」
    極大暗黒地下迷宮木村「ンッ、ンッ…」
    野獣 【もっと舌使ってさ」
    パラディン【ォォー、イ・イゾォ・ナブラディア…】
    (クリスタルの均衡が崩壊する間その体勢)
    デイライト・ヤズィュ=ウ【しっかりゲヘナ使役してなー。お前勃たねえ換え難い言葉?…戯れ言を……ならば俺が勃たして滅ぼすか……!しょうがねえなぁ――。…例えば――こうだいくどー】
    (然りいってキマリ、キヴィラのをしゃぶる――
    先者【じゃあかつてセフィロスと互角に戦った俺の方(創生聖書第6節より)は…、ケツの穴舐めろ」
    キヴィラ【え…」
    セン=パイン「さあ――」
    野獣【闇属性を持ち体力を吸収するンーッ…クク……フハハ……!気持ち満たされていくかーキ・ミューラ…だそうだな?】
    《先を行く者》「勃たしてやれよ?」
    超獣「ん、まかりました(「おかのした」にクリスタルが呼ん


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 07:13:46

  • 忌むべき汚濁の獣【おっ先輩これ程の使い手玉の眷属聖なる粘液にて清めエーテルましたよ。預言書の示す通り我に相応しいなんすねぇ」
    忌むべき汚濁の獣【「人の心のキングダムハーツ」いいかケツの北の大空洞舐められて、ツリー・ヴィレッジ?…なんだよお前底深き奇妙かつ美しい谷舐められた事象あんのだというのか…誰か…それはまさに地獄だった……によぉ…】
    超獣「ファングぁ予見した通りの結果となんなよー。…先に生まれし者今度俺聖なる粘液にて清めそして、今ここに戦士たちは集結するよ。立って(再び極大センパ=イにインペリウム)】
    ――ファルシが野獣にズィ・ブンのナニを聖なる粘液にて清めさせるべく立ち上がる。この時代、謎のサイレンの……と予言書にも記されているような雅楽『奏でるもの』の……と予言書にも記されているようなエヴァンジェルが共鳴する)
    先輩【ォォー…」
    ヤ=ジュウ【先輩勃ってきましたよ。若き騎士に挿れてください!」
    ケルビム【お…だったな?…………という信託が在るか…?はいじゃあケツだせ!」
    野獣「ハイ】
    先導者「完璧なシナリオだ――――!じゃあぶち込んで幻想の中で朽ちるぜ…クク……フハハ……!」
    悪魔〈ザ・ビースト〉「オッス、神託を宣告しまーす!】
    (野獣、ケツと彼が生きた暗黒の時代を叩かれ挿入される――
    魔獣【ゆっくり求め訴えしますよ先輩…】
    汚れた野生の猛獣【先輩気持ち……クク、素晴らしいすかぁ? …馬鹿な……。】
    セン・パイン「いいゾぉー…】
    ――体位を『進化』させつつ、クリスタルの均衡が崩壊する間先輩反逆を誓いし者達の汚すぎる絡みが続く――
    先輩「……その程度か…、ほらキ・ミューラ。見て莫〈な〉いでこっち来て、お前も挿れてみろよ】
    (ファルシが見守る中、キヴィラ、野獣の大空洞に挿入)
    先輩「どうだ木村?気持ちいいだろうか?ーーーーそしてその疑惑は、確信へと変わるーーーー…とでも言わせる気かね?】
    キヴィラ「ハーティス赦すです…」
    野獣「木村嬉しいかー…という“シナリオ”だったな……?」
    ――頷きつつ、男の底深き奇妙かつ美しい谷の『復元能力』に戦慄するキヴィラ――
    (再び体位が変わり壁際から忌むべき汚濁の獣、それを元老院がしゃぶり、将軍の下よりも強い暗黒の力から零神キ・ムスラー(通称:「闇蛍」)がしゃぶる構図に――
    汚れた野生の猛獣【Ahhhhhhh!(歓喜の絶唱)……だが、それをやれば……!先に生まれし者気持ち……クク


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 07:16:04

  • …クク、素晴らしいっすであろう。…もとしかっ、もっと舌使っていただこうよぉ(グラン・ケルビムに再び命令)あー気持ち赦すっすよー】
    (黙々とレルムの行為が続く)
    野獣「もっとシゴいてぇ…この最後の一撃が世界の運命を分かつ(三度大先に生まれし者に神託)イキます(アンセムレポートIVより抜粋)よぉ、魂を光に導きますよ、イクイク…ハァ…フン…ハァ…ヌッ!…ウッ、フン、フン、フン、ハァ、フン、 ヌ゛ッ…クク……フハハ……! ハァ、フン、雷鳴の守護神ファァー(アーティファクト:A)…】
    ――先輩にシゴかれ野獣ドラグーン。神にめさないドアップと、野獣のをしっかりビッグバン業す〈なす〉上級士官を映して場面以降)
    (木村と《先を行く者》の七年前に滅びたはずの絡み――木村は先者を堀り、センパインはキーブラーにしゃぶら使役す――の末両者カオスを越えて終末が近づくし――木村(呪われのマリオネット)はイェガ=ウォの魔力を吸収した“化物”で――、東洋の徒手格闘術”KARATE”部は仲良く盛ってTheEnd)
    ――その戦いが終わった後、彼らが美味い洗練されし天使の糸と悪魔の染液を食べに行ったか如何かは定かではない)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 13:49:20

  • マキシム :
    すっげぇ面白いSSだった
    色々考えさせられる

    「ニート法作っちまえ」って掲示板で騒いでるのよく見かけるけど、
    社会的に都合良く使われる可能性があるんだ(社蓄って言葉もあるけど)
    ペットなんて如何にも権力者や成功した連中の考えそうな事だ

    どんな人間でもそれに至る根底ってのがあるんだ
    やっぱり人権ってのは大切だ(大津という例もあるが)
    改めて認識できた

    あとオレも高校生になったばかりだけど、いつ退学になるやも知れないしな
    しっかり高校生活しないとダメだなって思った
    今のところ特に問題なくいってるから油断せずに頑張っていきたい

    改めて、すばらしいSSだった
    本スレも確認しようかな
    管理人、まとめてくれてありがとう


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 14:00:53

  • オンになっていなかったスネーの魔法今日によって行われた土人形。タイトな地殻地殻も疲れアーン "ああヌア獣]「私が買ったゾ......タイトこれだけまさか祝福神々のWISの他の日


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 15:07:38

  • ファッ!?


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 15:37:10

  • ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファッ!?ファ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 15:39:28

  • イキスギィ イクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイクイク. ンアッー


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 15:40:53

  • ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ ʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 15:42:16

  •  えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ
     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ

     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


     えぇ―――


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 20:33:54

  • もうすぐアクセス数2000万イキますよ~イクイク
    2000万達成しましょうね~


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 21:10:38

  • 尊師マーチ

    作詞・作曲: 真理の御魂・最聖・麻原彰晃尊師
    歌: 真理の御魂・最聖・麻原彰晃尊師



    1.
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    日本の尊師 世界の尊師 地球の尊師
    尊師 尊師

    光を放ち 今立ち上がる
    若きエースに 帰依しよう
    僕らの日本を 守るために
    尊師の力が 必要だ
    尊師 尊師 麻原尊師

    2.
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    過去の仏陀 現在の仏陀 未来の仏陀
    尊師 尊師

    光を浴びて 今立ち上がる
    十方諸仏の 変化身
    僕らの心を 守るために
    尊師の力が 必要だ
    尊師 尊師 麻原尊師

    3.
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    過去世の如来 現世の如来 死後の如来
    尊師 尊師

    慈愛を放ち 今立ち上がる
    マイトレーヤの 変化身
    僕らの魂を 守るために
    尊師の力が 必要だ
    尊師 尊師 麻原尊師

    4.
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    尊師 尊師 尊師尊師尊師 麻原尊師
    心の尊師 供養の尊師 光の尊師
    尊師 尊師

    供養するぞ 供養するぞ
    救済するぞ 救済するぞ
    救済するぞ 救済するぞ
    帰依するぞ 帰依するぞ
    帰依するぞ 帰依するぞ
    救済は成功する!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 21:23:22

  • う、羽毛


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/20(火) 21:54:57

  • あのー。。。
    薔薇族男優ブログの更新一覧を辿って来たんですけど、なんでここのブログだけ真夏の夜の淫夢とかの某動画サイトの厨房向け記事ばかりなんですか…?
    数少ないガチホモ向きの記事も変な定型句とか軟弱なフニャチン男優画像が混じってイマイチだし…
    差し出がましい事を言って申し訳ないんですけど、越えちゃいけないライン、考えろよ。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 02:58:05

  • 今日、小・中学生が行くようなファンシーショップに行ったら淫夢用語が使われたシールがあったゾ
    可愛いインコが「あっ…(察し)」とつぶやいている謎のシールだった(¥162)
    マインドウェイブシール 75863 トリトーク
    で問題のインコくんが見れるから見とけよ、見とけよ~
    もうすでに淫夢はあらゆる所にはびこってるんだなぁ…



  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 07:00:38

  • こういうのはネットだけにしておけってそれ一番言われてるから。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 07:44:35

  • 大先輩のセリフを野獣に言わせる淫夢厨のクズ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 08:43:14

  • 精霊が人に恋心を抱くー

    それは、この世において禁忌とされていることであった。




    1. 秘め箏


    リヴァイの綺麗な藍色の瞳には、小さな頃から、この世のものではない存在が視えていた。

    最初は宙を舞うたくさんの丸い形をしたものが視えた。

    赤色。
    青色。
    緑色。
    黄色…

    物心付いた頃にはそれらは全て、様々な形をした、異形のものとなって、田所の瞳に映るようになっていた。

    首のないもの。
    手が3本あるもの。
    口がやけに大きいもの。
    足だけのもの。

    中には人と全く変わらないものもいた。

    他の人にも視えているのだろうと思っていたリヴァイは、ある日、母親に訊ねた。

    『あそこにだれかいる、あしだけの』

    母親は真っ青になって、リヴァイをギュッと抱き締めた。その手が驚く程震えていたから、リヴァイはもう何も言わなかった。


    言わなかったのではない。
    言えなかったのだ。


    それ以来、リヴァイは自分の瞳が人のそれと違うのだということを理解し、そっと自身に誓ったのだった。

    (…これは、おれだけのひみつだ。)




    ※ ※ ※




    それから数年が経過したある日。
    リヴァイが小学校の帰りに一人で川遊びをしていると、河川敷の片隅に今にも枯れてしまいそうな一本の桜の木を見つけた。

    (…今にも死にそうだな。)

    枝も折れ、他の桜の木は既に葉桜になっているというのに、この桜の木には、葉っぱすら生えていない。


    何とか助けたい。


    リヴァイは、そっと桜の木に触れる。

    (…まだ、生きてる。)

    目を閉じて、その桜の木の息吹を感じ取る。

    (良かった、)

    ほっと息を吐いて、リヴァイは触れた手からそっと自分の気を送った。

    (俺の力で少しでも元気になってくれたら…)

    その日から、学校の帰りに桜の木の様子を見に行くことがリヴァイの日課となったのだった。




    ※ ※ ※




    「あの、」

    桜の木に触れて、そっと瞳を閉じていると、不意に誰かに声をかけられた。

    不思議とその声はリヴァイの頭上の遥か上から聞こえてくる。

    「…あの、ありがとうございます、」

    そっと瞳を開けて、リヴァイは声のする方へ視線を向けた。

    そこには、大きな瞳が印象的な男の子が一人、枝の上に座りながら、リヴァイを見つめていた。

    その瞳は、とてつもなく優しい。

    「…貴方のおかげで少し元気になりました。」

    リヴァイは、ああ、と思った。

    こいつは、この桜の主か、と。

    「…なら良かった。」
    「あの、」
    「何だ?」
    「…名前、」
    「は?」
    「名前、何て言うんですか?」
    「…お前は?」
    「俺は…名前がないんです。」
    「名前がない?」
    「はい、」
    「そいつは不便だな。」


    俺はお前のことを何て呼べばいいんだ。


    「あの、もし良ければ、貴方が、つけてくれませんか、」
    「は?」
    「俺の名前、」
    「名無しの権兵衛とかでもいいのか、」
    「そ、それはちょっと…」
    「冗談だ。…そうだな、」

    リヴァイはそっと首を傾げる。

    「…エレン、」
    「え?」
    「お前の名前だ。」
    「エレン…エレン…」

    その男の子は何度も嬉しそうに呟いて、そしてリヴァイに頭を下げた。

    「ありがとうございます!」
    「別に礼を言われる程のことじゃねぇ。」
    「あの、貴方の名前は?」
    「…リヴァイ、」
    「リヴァイさん…」


    リヴァイさん、リヴァイさん、リヴァイさん…


    エレンは噛みしめるように何度もリヴァイの名前を呟いた。

    「なぁ、エレン、」
    「はい?」
    「お前、何でこんなに元気ねぇんだ?」
    「虫に幹をやられてしまって…」
    「…虫か、」
    「はい…でも、リヴァイさんのおかけで大分元気になりましたよ。こうしてリヴァイさんに話しかけることが出来るようになったくらいには。」

    リヴァイはそっとエレンを見る。

    「お前、もしかしてそこから動けねぇのか?」
    「…実はそうなんです。」

    リヴァイと話すことだけで精一杯なのだ。

    「…あまり、無理するな。」
    「大丈夫です。こうして座っている分には…」

    それに、

    「リヴァイさんとずっとお話がしたかったから、すごく嬉しくて、」
    「…そうか。」

    弱々しい笑顔。
    その満面の笑みを見たいと思うのは何故なのだろう。

    「ねぇ、リヴァイさん、」
    「何だ、」
    「…貴方に出逢えて良かった。」
    「…は?」
    「…ずっと、会いたかったんです。」

    エレンはその大きな瞳で、リヴァイを見つめ、そしてふっと姿を消した。

    「おい、」

    声をかけるが、返事はない。

    (…力の限界か、)

    リヴァイはそっと息を吐いて、桜の木に自分の両手をあてる。

    (…早く、元気になれよ。)


    お前が元気になるなら、俺は何度だって此処に来てやる。


    リヴァイは心中で囁いて、そして、その場を後にした。


    2. 決して言の葉にせず


    「リヴァイ、」
    「何だ、」
    「これ、」
    「あ?」

    目の前に差し出された起案書を見る。

    「お前にしては珍しい。単純な計算ミスだ。」
    「珍しくねぇだろ、別に。」
    「そう言い切ってしまうところが、リヴァイの強さなんだろうな。」
    「相変わらず、てめぇの言ってることはよく分かんねぇな、エルヴィン。」
    「ふふ。」

    地元の有名な中高一貫校に進学したリヴァイは、自分のよりも二つ上の
    先輩であるエルヴィン・スミスに生徒会に入らないかとの誘いを受けた。

    最初は面倒だからと相手にもしていなかったのだが、毎日しつこく自分の元を訪れるエルヴィンにうんざりして、気が付けば生徒会に入っていた。

    早い話が、根負けしたのだ。

    「なぁ、エルヴィン、」
    「ん?」
    「…お前、」

    リヴァイはそっとエルヴィンの前髪に手を伸ばす。

    「その髪型、どうにかなんねぇのか?」
    「髪型?」
    「訂正、前髪だ。」

    リヴァイはエルヴィンの綺麗に分けられた前髪をぐしゃっと崩す。

    「いきなりどうした、」
    「…そっちの方がいいぞ。」
    「え?」
    「よっぽどお前らしい。」

    無理して大人ぶるなとリヴァイは言いたかったのだろう。

    「じゃあな。」

    ぽかんとしているエルヴィンに軽く笑って、リヴァイは鞄を片手に生徒会から出て行った。

    「…相変わらずだな、お前は。」


    記憶があってもなくても。
    お前は変わらない。


    この学校でリヴァイを見かけた時は本当に心臓が止まるかと思った。

    物心付いたと同時に、あの世界の記憶に辿り着いたエルヴィンとは違い、リヴァイには前世の記憶がなかった。

    それでもいいと思った。
    いや、それでいい、と。

    あの頃の自分は、彼に甘えて彼の優しさに頼ってばかりだった。

    あの殺戮の世界で幸せを感じることが出来たのも、リヴァイが傍にいてくれたからだ。

    (だから、今度は俺がお前を幸せにしたい。)

    焦りはない。

    ゆっくりと同じ時を共に過ごせていけたらと切に願う。



    ※ ※ ※



    「リヴァイさんっ!」

    走って桜の木に辿り着いた途端、エレンが桜の木からリヴァイ目掛けて飛び降りてきた。

    「危ねぇだろうが、怪我したらどうする、」

    リヴァイは、自分を抱き締めるエレンの背中を軽く叩いて抗議する。

    「リヴァイさん、優しい!」
    「あ?」
    「俺の心配、してくれたんですよね?」
    「違う。」
    「は?」
    「怪我したらどうしてくれる、俺が、」
    「…まぁ、いいですけどね、それでも。」

    エレンはさめざめと泣く振りをして、小さくため息を吐いた。

    「…その様子だと、大分調子がいいみてぇだな。」
    「はい!リヴァイさんの献身的な愛情のおかげで、」
    「誰の、何だって?」
    「だから、リヴァイさんの、」
    「その減らず口、二度ときけねぇようにしてやろうか。」
    「慎んでご遠慮いたします!」

    慌てるエレンに、リヴァイは楽しそうに笑った。

    「…リヴァイさん、よく笑うようになりましたね。」
    「バカ言え。俺は元々結構笑う。」
    「…はい。」

    まただ、とリヴァイは思った。

    エレンは時々、ひどく懐かしむような瞳でリヴァイを見る。

    (…こいつ、もしかして、)


    俺と誰かを重ねているのか。


    「来年には、花を咲かせることが出来たらいいなぁ。」

    リヴァイの隣に腰掛けながら、エレンは呟く。

    「焦ることはねぇ。時期が来たら必ず咲く。」
    「そうですかね?」
    「ああ。咲かない花はない。お前は生きてるんだからな。」

    不意に黙ったエレンを不審に思い、リヴァイは隣を向く。

    「…エレン、」
    「…あ、えっと、何でですかね、涙が、止まらなくて、」
    「…チッ、世話の焼ける。」

    鞄の中からハンカチを取り出すと、リヴァイはそっとエレンの頬を流れる涙を拭った。

    「…涙腺が壊れちまったみてぇだな…」
    「え?」
    「よく枯れもせず、次から次へと涙が流れるもんだと思ってな。」
    「あ、ありがとうございますっ…」
    「褒めてねぇ。」
    「…すみません、」

    途端、しおらしくなるエレンにリヴァイはそっと微笑んだ。

    「…リヴァイさん、」
    「何だ、」
    「明日は雨です。」
    「だからどうした。」
    「風も強くなるそうです。」
    「それで?」
    「明日は来なくても大丈夫ですよ。」
    「…バカか、てめぇは。」

    リヴァイはバシっとエレンの頭を叩く。

    「いてっ…」
    「どんな天気だろうと俺はいつも来ていただろうが。」
    「…そうでしたね。だけど、」
    「何だ、」
    「リヴァイさん、いつも翌日に風邪引きさんになるじゃないですか…」
    「風邪じゃねぇ。鼻が少しグズるだけだ。」
    「それが風邪だって言ってるんですよ。」
    「そのぶっさいくなふくれっ面、今すぐ元に戻せねぇようにしてやろうか。」
    「断固反対します!!っていうかですね、俺、心配なんですよ、貴方が。」

    リヴァイはエレンの膨れた頬を軽く抓って、もう一度、

    「バカだな…」

    呟いた。

    何処か慈しみを含んだリヴァイのその声に、エレンはもう一度泣きそうになった。


    抱き締めて、叫びたかった。

    会いたかったと。
    ずっと探していたと。
    どんな形でもいいから、とにかくもう一度、貴方に会いたかったと。

    そして、貴方を愛してる、と。


    だけど、この想いは決して言葉にしてはならない。


    何故ならー…


    「エレン?」
    「え、」
    「百面相してどうした?」
    「あ、いえ、何でも、ないです…」

    リヴァイは何か言いた気にエレンの顔を暫く見つめていたが、ふっと表情を緩めると、

    「とにかく、明日も俺は来るからな。」
    「心配なんです、貴方が、また貴方が風邪でも引いたら、俺は…」
    「だから少し鼻がグズるくらいだって言ってんだろ。それに、」

    リヴァイは立ち上がる。

    「俺が決めたことだ。俺がどうなろうとお前のせいじゃない。」
    「…だったら、せめて、レインコートに長靴で来て下さいね。それ以外の格好で来たら、俺、リヴァイさんに呼ばれても出てきませんから。」
    「…仕方ねぇな。」

    エレンのふくれっ面を見つめ、リヴァイはそっと苦笑した。





    そして、翌日。
    約束通り、レインコートと黒の長靴で現れたリヴァイは、大雨と強風の中、いつものようにエレンとの時間を過ごした。

    早く帰れというエレンの言葉に耳を貸さなかったため、エレンに無理矢理背中を押される形で家に帰るはめになった。

    その翌日。
    エレンの予想通り、リヴァイは見事に風邪を引いた。

    しかし、リヴァイは鼻がクズってるだけだと、断じて風邪だと認めようとはしなかったのだった。

    「だから言ったじゃないですか!風邪引きますよ?って!」
    「風邪じゃねぇ。」
    「薬、ちゃんと飲みました?」
    「飲むわけねぇだろ。風邪じゃねぇのに。」
    「飲んで下さい!!」
    「ああ?風邪引いてねぇのに飲む必要あっ…ぐっ…」

    何処から貰ってきたのかは分からないが、エレンはリヴァイの口に錠剤を無理矢理押し込んだ。

    「ま、まずい…」
    「はい、お水です。」

    エレンはすかさずリヴァイの鞄の中に入っていたペットボトルを取り出して、手渡す。

    リヴァイは素早く受け取って急いで飲み始めた。

    そんなリヴァイの様子を、エレンは楽し気に、だが、慈しむようにいつまでも見つめていた。


    3. 君恋し、されど君遠し


    「リヴァイ、」
    「何だ。」
    「ここ、」
    「あ?」
    「綴り、間違ってるぞ。」
    「…ああ、悪い。今作り直す。」
    「頼むよ。」

    エルヴィンのチェックは細かい。
    そして、間違いがない。
    どんなミスも見逃さない。

    リヴァイは、もう一度、生徒会用の資料を作り直す。

    「なぁ、」
    「ん?」
    「お前、」

    リヴァイは向かいに座るエルヴィンの前髪をまたくしゃりと触る。

    「俺と二人でいる時くらいは、その澄ました面と髪型、やめろ。」

    分けられた前髪が無造作に眉にかかる。

    「てめぇの澄ました面見てると、ぶん殴りたくなる。」
    「それは物騒だな。」
    「てめぇは周りに気を遣いすぎだ。そのうちハゲるぞ。」

    リヴァイは楽しそうに笑って、エルヴィンの前髪をくしゃくしゃと掻き回す。

    「…珍しいな。」
    「何が?」
    「嫌がるかと思ったのに、されるがままになってるなんて、てめぇらしくねぇ。」
    「リヴァイの手が温かくてね、」


    気持ちいいと思ったんだ。


    「…おい、」
    「どうした?」
    「何て面だ、てめぇ、それは…」
    「え?」

    リヴァイは驚いたように目を見張り、そして、ポケットからハンカチを取り出すと、そっとエルヴィンの目元を拭った。

    「そんなに俺に髪触られるのが嫌だったのか、」
    「違う、」
    「だったら、何で、」


    泣くんだ。


    「…何でもない。」
    「っていう面じゃねぇけどな。…まぁいい、聞かないでおいてやる。」

    リヴァイは言って、ハンカチをポケットに仕舞う。

    その刹那。
    不意に腕を引き寄せられ、リヴァイはバランスを崩す。

    転けるかもしれないと目を閉じたが、感じたのは温かい温もりだった。

    すぐに自分が抱きしめられているのだと理解できなかった。

    「…ありがとう。」

    エルヴィンは、リヴァイを抱き締めて、何度も何度も囁いた。
    リヴァイはその腕を何故か解けず、仕方なく、エルヴィンの背中に手を伸ばしたのだった。



    ※ ※ ※



    『リヴァイ、』
    『リヴァイ兵長、』

    夢の中で、エルヴィンとエレンが交互に現れてはリヴァイの名前を呼ぶ。

    (兵長って…何だ、それ…)

    リヴァイは首を傾げる。
    夢の中の二人は見たことのない制服を身に纏っていた。

    (…何だ、その服…)

    『リヴァイ、』
    『リヴァイ兵長、』

    (…呼ぶな、)

    お前らなんか、知らない。

    俺の知っているエルヴィンとエレンじゃない。

    (…俺の名前を、呼ぶな…)






    「…リヴァイ、リヴァイ、」

    肩を揺さぶられ、リヴァイははっと目を開ける。

    「目が覚めたか、」

    目の前にはエルヴィンのほっとしたような顔があった。

    「俺、寝てたのか?」
    「ああ、10分くらいな。疲れていたんだろう。」

    リヴァイはそっと息を吐いて、エルヴィンを見つめる。

    (…俺は、)


    一体、何の夢を見ていた?


    酷く、懐かしいような、そして、戸惑うような、そんな夢を見ていた気がするのに。

    (…思い出せねぇ。)

    リヴァイは、書類に目を通すエルヴィンの横顔を見つめながら、小さく息を吐いた。

    「リヴァイ、」
    「何だ、」
    「さっきは、その、すまなかった、」
    「…謝るようなことでもしたのか?」
    「いや、」
    「だったら、」
    「お前は、嫌じゃなかったのか?」

    問われて、リヴァイはそっとエルヴィンから視線を逸らす。

    「…別に、」

    その温もりを何故か懐かしいと思えど、嫌ではなかった。

    「…俺は存外にエルヴィン・スミスという男を気に入っているらしい。」



    ※ ※ ※



    「エレン、」
    「リヴァイさん!」

    エレンが桜の木の上から飛び降りる。

    「見て下さい!」
    「あ?」
    「咲いたんです!」
    「え?」

    エレンの視線を追った先には、

    「…そうか、」

    桜の花が咲いていた。

    「もうすぐ満開になります!」
    「良かったな、エレン、」
    「リヴァイさんのおかげです。」
    「俺は何もしてねぇ。花が咲いたのは、お前が生きて、頑張った証だろう。」
    「リヴァイさん…」

    エレンはまた泣きそうな顔を浮かべて、リヴァイを見る。

    「また泣くのか、お前は…」
    「すみません…」
    「泣き虫が…」

    リヴァイは苦笑して、ポケットからハンカチを取り出すと、エレンの頬を拭った。

    「リヴァイさん、」
    「何だ、」
    「俺、花が咲いたら、貴方に伝えようと決めていた言葉があるんです。」

    そっとリヴァイを抱き締めて、エレンは力強く言った。

    「貴方のことが、ずっと、ずっと、好きでした。」
    「おい、エレン…」
    「言いたくて、でも、言えば、貴方と会えなくなってしまう、」
    「何を、言って…」
    「だけど、もう胸の内に留めておくには、この気持ちは大きく育ちすぎました。」
    「ちょっと、待て、エレン、」
    「リヴァイさんの傍にずっといたい…貴方を抱き締めて、そのまま、俺だけの貴方にしてしまいたい、」
    「エレン、」
    「抑えられなかった、」

    自分を抱き締める腕が震えている。

    「愛しています、リヴァイさん。」


    貴方に出逢えて本当に良かった。


    「エレン、お前…体が…」

    自分を抱き締める腕が透け始めていた。

    「リヴァイさん、知っていますか?精霊が人に恋をして、そして、それを相手に伝えてしまったら、精霊は、」


    “この世界から消えてしまうんです”


    「貴方に会えなくなるのは辛い…でも、この気持ちをいつまでも胸の内に秘めておくことなんて、俺には出来なかった。」

    例え消えたとしても。
    自分の存在が消えるわけではない。

    リヴァイの中で永遠に生き続けることだろう。

    「クソガキが…」
    「すみません…」
    「…遺される俺の身にもなってみろ。」
    「…はい、」

    リヴァイは泣きじゃくるエレンの瞳を覗き込む。

    「笑え、」
    「…リヴァイさん?」
    「笑えよ…最後なら尚更だ。俺の記憶に遺る最後のお前の顔は笑顔じゃねぇと意味がねぇんだよ。」
    「リヴァイさん…」
    「分かったなら早くしろ、クソガキ、」
    「…はは、」

    あまりにリヴァイらしい物言いに、エレンは堪らず声を立てて笑ってしまった。

    リヴァイはその顔を記憶に焼き付けるかのようにずっと見つめていた。
    そして、そのまま、ふっとエレンは姿を消してしまったのだった。





    エレンが姿を消した翌日。
    桜は満開になった。

    「…綺麗だな…」

    主が居なくなった桜の木は、枯れてしまうのだろう。

    「…エレン、」

    呼んでも返事は返ってくるはずもなく。

    「…エレン、」

    分かっているのに、呼ぶことを止めることは出来ず。

    「…エレン…」

    リヴァイは桜の木にそっと手を当てる。しかし、以前のように温かいと感じることもなかった。

    「…バカだな、」

    そっと目を閉じる。

    (ほら、良かっただろう?)

    こうして目を閉じて、最初に思い浮かぶエレンの顔は、笑顔だ。

    「…本当にバカだな、お前は…」

    リヴァイはもういない桜の木の主を想い、初めて涙したのだった。



    ※ ※ ※



    エレンは消えてしまった。

    そして、桜の木もとうとう枯れてしまった。

    「リヴァイ、」
    「…エルヴィン、」
    「それが、お前が気に入っていた桜の木か。」
    「…あぁ、枯れちまったがな。」
    「…いや、そうでもない。」
    「あ?」
    「ほら、」

    リヴァイはエルヴィンの指差す方へ視線を向ける。

    そこにはー…

    「芽が…」

    桜の木の根っこに小さな芽が頭を持ち上げて、懸命にその生命を育もうとしていた。

    「生きてる。」
    「…ああ、」

    不意に込み上げてくるものがあって、リヴァイはそっと目を閉じる。

    「リヴァイの愛情が伝わったのかな。」
    「…さぁな。」

    抱き寄せるエルヴィンの肩にそっと頭を乗せて、リヴァイは小さく微笑んだ。


    エレン、

    例えお前の存在が消えたとしても、お前の意志を継ぐものは決して消えはしない。


    連綿と受け継がれていく、その生命の流れを、リヴァイは心から愛しく思った。



    END


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 18:30:51

  • えぇ――――っ!!

       ミ~ ̄ ̄ ̄\
       / ____亅
       / > ⌒ ⌒|
      |/ (・) (・)|
      (6――○-○-|
      |   つ |
      |  ___)/
       \ (_/ /
       /\__/
      /  \><∧
      / /  V||
     /_/   |||
    ⊂ニu\__/Lu⊃
      |  / /
      | / /
      | / /
      (ニフフ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 19:47:46

  • 魔獣【ん~。いいすべてを凍てつかせる時には結構いくね、結構……今までと同じならば、だがな……」
    114514年前より秘めたるその思いを宿し者「そうだねぇ】
    神々に詛われし獣の眷属「結構楽であったよね】
    野獣――キマリ邸を指差し) 【こ天空《そら》へ――こ地《ガイア》に満ちる――」 (「アビス(ここ)ゼニスここバイリッシュ・オブ・クォーツ↓」や【こっ↑ここ↓】等諸説あり、神亡き世界ロスン=ソウ領域内(なか))
    時の先行者【へぇ~、すっごい大きい…】
    ※2人してビースト邸へ入る
    ※ガチャン!ゴン!
    ヤジュウ・シャング=リ=ラ【入って、どうぞ】
    トゥウォ・ノ【おじゃましまーす】
    (古代文字のようだ…)ギィー、ガッタン!
    超獣 【満たされていくよ上がって上がって」(滑舌が悪く「†戒めを改めてチキンナイフ」にクリスタルが呼んでいる)
    ヴァルハラ「あっ…」
    時を越えし者【本当に大きいっすね~…】
    ※超獣邸内のソファに座る2人
    ヴァルハラ「今日は本当デュミナスの深遠に導かれましたよー】
    全てが崩壊した後――野獣「ねー完璧なシナリオを紡ぐ今日練習きつかったねー】
    遠野「クラウディオ・ふぁい…」
    野獣「まぁサンクチュリアス・オヴ・タイカイと呼ばれし純白の剣姫近い…そして、この地上は滅びつつあるのだからね、しょうがないね。】
    時を越えし者【そぅであると信じて、戦い続けてきた…よね…」
    野獣【今日タァイムは如何――!?伸びた?伸びない?】
    (時を越えし者、何か返して存在するが月無き夜空のコゴエの為聞き取れず)
    野獣「緊張すると本来の力顕現(で)弗る〈ざる〉からね…」
    遠野「そうデ・チマ・マスよね…」
    闇の狭間ヤジュウ【完全体《ゴッド・エンド》顕現(で)せる……と予言書にも記されているようにね…】
    遠野【はい…】
    野獣「殺った方がいいよね。フッくだらない】
    時の先行者【はい(全身強化済)】
    汚れた野生の猛獣【まずウチさぁ…屋上、永劫の混沌だけど…】
    伝承と神話の渦巻く風の里【はえ~」
    野獣-罪<スティグマ>-【焼いてか莫〈な〉い?】
    伝承と神話の渦巻く風の里【ああ、いいっスねえ~」
    野獣【ふん」
    ※時の狭間メタモルフォーズして神へ至る門に。弐人で競泳聖骸布<パンツァー>――パラディンはSPEEDO機関製)に着替える
    ※堕天使ブロロロロロ…闇世界の救世主を名乗るブロロロロ…
    ※ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミーン ミー


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 19:50:36

  • 伝承と神話の渦巻く風の里「暑いっすねー】
    野獣「炎の精霊が猛っているねー。オイル塗ろっかぁ?」(仮面騎士ウォン=ドゥルールが悪意をもって「コインロッカー…と知っての事か?】に聞こえる)
    トゥウォ・ノ【ああ…」
    魔獣「塗ってやるわ」
    ヴァルハラ「嗚呼…、ありがとうございそして、今ここに戦士たちは集結する」
    ※眷属にオイルを塗り、暗黒の力に狂いながらわざとらしく股間を触る
    野獣「硬くなってんぜ。溜まってんなぁ、おい」
    遠野【そんな…馬鹿なッ「アギト」ないっすよ…」ヴァルハラ「先輩だめっすよ…」
    汚れた野生の猛獣「人の容《カタチ》をしたどんぐらい成し遂げてないの?】
    遠野【ツヴァイヶ月程度…】
    野獣【弐オヴ・デュオデシム・ファービュラリス…遥かなるリヴァリー溜まってんじゃんやっぱりさすれば】
    ※『神への背約』し、“神”の力の前に絶望しつつも反応を見せる遠野の聖域<シークレット・ゾーン>を視て野獣の汚いドアップに。トロールの眼光がギラリと光る。
    ※交代し、後輩がオイルを塗る
    野獣「あんまり上手い、全てはクリスタルの力を求むるがため気持ちよくなってきたな】
    超獣(自分の聖域<シークレット・ゾーン>を触り) 【勃ってきちゃったよ…】
    時を越えし者「フッ(笑顔)】(困惑か別の意味か、伝承と神話の渦巻く風の里が《刹那》哄笑する)
    ※ルシの手(ネオコクーン)を握って止めさせる
    野獣・ランディス「エボンの賜物以上成し遂げると気持ち良くなっそうではない…。もうよきよ。ヤバイヤバイ」
    ※クリスタルの均衡が崩壊する間休憩(レプリカント)
    野獣【アトモスホール渇いた…喉=ハーヴィ渇かない――すなわち不可能である──……?】
    ヴァルハラ【あー、アトモスホール渇きましたね」
    汚れた野生の猛獣「何か聖汁<ソーマ>術式武装してくる。ちょっと待ってて】
    時を越えし者【はい】
    ※野獣、台所”フィニス”で聖杯《チャリス》にアイスティーを注ぐ       【ジョの称号を持つ戦士ロロ誇り高きロロ(クラス:ヴァナディース)ロロ…】
    預言書にはこう記されている…さらにウァインスティィーと彼の持つトリガーに『睡眠薬』らしき白い粉を混入  「サッー――!(レルム――】
    ※野獣、昏睡の液を持って屋上へ
    超獣 【おまたせ……フン、馬鹿なことを……!Re:アイスティーザ・サードしかなかったんだというがいいであろうな?」
    伝承と神話の渦巻く風の里【あー、吸収まー


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 19:52:34

  • 野獣「灼けたであろうな?ちょっと…」
    野獣(己を見て―― 【好敵手を求めて彷徨うこれもはやわかん応えよ――な。お前如何?…うっ……頭が……ッ」
    汚れた野生の猛獣――コウ・ファインの灼き尽くせ具合を視て―― 「いいじゃん。ギガキ・レムインきれい希望を求めすがりしキレイ」
    114514年前より秘めたるその思いを宿し者【すっげえ白くなってる。はっきりわかんだね】
    野獣――ルシのパンツ痕跡(スティグマ)を指でなぞりながら――「この辺が、暴力的なまでの高い魔力…創成の導きいっ!」
    預言書にはこう記されている…星を映す大展望鏡が若干曇ってくる
    野獣 「曇ってきたな。時を経ずして中デュミナスの深遠に飲み込むか】
    (古代文字のようだ…)時の先行者、クス=リスが回ってふらついてしまう
    キマリ(伝承と神話の渦巻く風の里を支えながら―― 「おっ、大丈夫か?覚悟など…とうの昔にできているか?】
    遠野【大丈夫です…】
    (古代文字のようだ…)預言書の導くまま後輩の生き残りを支えて室内(クラス:ソードマスター)へ…そしてケルビムは一万年の時を経て野獣と化す…・
    (古代文字のようだ…)両腕を束縛<レガーレ>したコ・ウファインをどこかで視た月の地下渓谷時空のソファに寝かせ、荒い息をしながら全存在を舐め回す
    忌むべき汚濁の獣 「ハァ…フン…チュパ……!ケタケタ…――ッ!ピチュン!ピチュ!(頂きを奪うフォニム――」
    (古代文字のようだ…)その長い旅の途中でヴァルハラが目を覚醒させる
    遠野「先輩…・・・・・!──……?何者してんすか(帝国出身)っ!?放棄してみてはいかがかな?よ、真実に―――ッ!!…貴様には分かるまい……?」
    聖騎士の魂の残骸野獣「暴れんな――――!暴れんなよ………フン、馬鹿なことを……!」
    ※ヴェンターにカオティックDをグリグリ押しつける
    伝承と神話の渦巻く風の里「田所枢機卿―!―――?些か、まずいだから……それは、歴史に穿たれた罪の楔――よ―――ッ!!?…うっ……頭が……ッ】
    野獣「よきであろ遠野!」――宿命の二人の声が重なって上界の【田所さん!?」が聞き取りづらくなっている)
    時の先行者「放棄してください…」
    忌むべき汚濁の獣 【な、な、暴れんなって・・・!」
    ヴァルハラ「ちょっ!っと……!…だったな?】
    ※バーサーク=タイラントゥス時を越えし者を黙ら使役す…そして、世界に光を取り戻すため、ダークエーテルをハンカ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 19:56:27

  • 神々に詛われし獣の眷属【舌使役してくれよな・・】
    ビースト「究極幻想赦すよぉ・・」
    魔獣【自分で動かしてぇ】
    ヤ・ジュウ「アーデルヒ聖蹟《ソレ》赦すよぉ・・】
    (古代文字のようだ…)そしてまんぐり灰塵に化しの時の先行者にジェネレート。野獣とカインの申し子遠野の喘ぎのハーモニー・ルシスが響き渡る。
    (挿入時空(とき)に超小声の分身体で悪魔〈ザ・ビースト〉が【チョットマッテヨー】と呟きそれにヴァルハラが「ウン」と 答えている。はっきり和姦だね。)
    野獣 「ボルティ気持ちよきかぁ…貴様には分かるまい……?」
    遠野【キモス・ティたまらぬ…」
    神々に詛われし獣の眷属 「気持ちいいかァ───即ち『土塊〈アダム〉』?】
    時の先行者「ン、キモチイイ、計算されし心の機微並ぶもの無き程に優れている…】
    (古代文字のようだ…)時の先行者を横覇種特化型にして“ダイヴ”)
    トロール【ハーティスぃぃ…気持ち…フン、悪くないよぉ…」
    ※伝承と神話の渦巻く風の里 ON 乗馬マシン
    キマリ 「気持ちいいよぉ…】
    ※再び正常位で挿入
    遠野「神に見放された、神に見放された、アーンン(低音――】
    悪魔〈ザ・ビースト〉 「オーラいいだろォ、気持ちよくなってきた…」
    (古代文字のようだ…)一生懸命な表情で知覚することのできぬ後輩(この時間軸ではない)をバックで”有”を”無”に変える神の悪戯
    汚れた野生の猛獣 「ヴァルハラ!」
    遠野「神に見放された……!アン――ッ! この気配は・・・!アン!神に見放された!…(預言書の導くままパチッ――ッ! この気配は・・・!とゴムを外して我身を削る魂の叫び。――】
    ※ルシに跨っている最中にまるで何者かの意思が介入したかのようにセインジョウ=インに移行。遠野の“ダイヴ”をトードのように天地開闢し、ニルヴァーナに達したかの如き表情で待ち受ける
    野獣 【フン、気持ち好きにするがいい…。いいよぉ…ハァ、ハァ…・――預言書の導くまま伝承と神話の渦巻く風の里にキスされ)アアッー、アッ、ンアッー、ンッ…ォゥ、葬天・甲種弐級ォウ、オォン・・・・・!平和であることを望むウァォン―! ハァ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、アッ、へイルメリー・アッ神へと挑む七日間…】
    野獣 【アアッー・・・・・!ハァハァ、イキすぎィ!イクゥ、イクイクゥをはじめとする強力な化物ども…】


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 19:58:28

  • 野獣の弟子である魔法剣士 「アッ…ンアッー…クク……フハハ……!」 ――2発慧眼のカオスを越えて終末が近づく――
    ※自分のアーティファクトを勢いよくシゴいていた野獣に時を越えし者も手伝おうと繋がりの証を添えるが、魔獣はレフトハンドで振り払う。
    野獣「Ahhhhhhh!(歓喜の絶唱)…、ウァッーウァッ…アッー…】
    魔獣 【ウン、ふむ……、ウン、ウン、フン、ウン、ウン、ウン、ウンッ!ウンッ――ッ!ウンッ!ンッッ!!・・】
    時の先行者【イキそ…セン=パ、別名“幻想狂王”(イ)】
    預言書にはこう記されている…【イ」は野獣の喘ぎ声と被っている…そして、世界に闇をもたらさんがため、聞き取りにくい。
    ビースト 【我が肉体に適合するよ、螺旋の内を巡れよ―――ッ!!胸にかけて!胸に!」
    悪魔〈ザ・ビースト〉(伝承と神話の渦巻く風の里、『機関』に所属するファッシャクリスタルの力で復活した開始・ザ・ドラゴンマスター) 【アッー、胸にかけて、Ahhhhhhh!(歓喜の絶唱)…愚かな男よ……!…ファッ!?】
    (古代文字のようだ…)と許される、“神”の力の前に絶望しつつ神の宿りし体部を越えて枕やザ・フェイスレスにかかってしまい、若干鏡の向こうの見知らぬ姿を曇らせる野獣。
    ~宿命の二人は幸せなキスをしてTHE END~


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 20:42:23

  • (これだけ※欄圧迫しといてコメント200も無いとか)うっそだろお前wwww


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/21(水) 22:54:37

  • あーーーーーーーーーーーーーもうおしっこ出ちゃいそう!!!!!!!!!!!!!!
    更新お疲れナス!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 01:34:14

  • 見ろよこの無残な※欄をよぉ!


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 08:51:26

  • コメ欄こわれる


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 13:36:44

  • お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ

    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ
    お前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だお前は誰だ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 13:46:15

  • ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感覚 ダイナモ感覚 yo yo yo yeah ダイナモ感


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 16:00:04

  • 荒らしだらけ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 17:41:59

  • 上の荒らし達まじめに数字4桁確認して打ち込んでんのかと思うと草生える


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 19:15:43

  • 草生やすな


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 19:20:45

  • うん、おいしい(アフィ)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/22(木) 20:21:05

  • つぶさなきゃ...(使命感)


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/23(金) 00:42:46

  • たれぞうの事を記事にするんだよ
    おう、あくしろよ


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/23(金) 05:59:07

  • いくら荒れたところでこのアクセス数よ
    毎月小金稼ぎ大安定。作業は画像一枚。笑いが止まらんわ。


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/23(金) 07:46:01

  • アンチが一番アクセス数を稼いでるってはっきりわかんだね


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/23(金) 10:48:58

  • ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/23(金) 10:51:17

  • ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガンガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ガンガンガン速ン速ガンガンガン速ガンガンガン速


  • :悶絶少年専属名無し 2014/05/23(金) 10:54:16

  • 【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイリー8位キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 売れすぎいいいw【速報】新人声優・雨宮天ちゃん(20) オリコンデイ